PR

WIRED WIRED

Facebookの投稿から「うつ病」になる可能性が分かる? 研究結果から明らかに

Messenger

 Facebookの投稿履歴を分析することで、うつ病になる可能性が見えてくる--。そんな研究結果が発表された。患者の電子カルテとFacebookに投稿された文章を照らし合わせるもので、医療機関から提供されたデータを基にした研究は初めてという。

TEXT BY ROBBIE GONZALEZ

TRANSLATION BY SHOTARO YAMAMOTO/DNA MEDIA

WIRED(US)

Facebookでは22億人ものユーザーが日々、あらゆることをシェアしている。結婚、グループの計画、政治に関するデマ情報、猫の写真などだ。しかし、こうした近況報告の文章とともに、多かれ少なかれ、書き手の精神的な健康状態が発信されてしまっている可能性があるという。

この研究結果は2018年10月中旬、米国科学アカデミー紀要に掲載された論文で発表された。Facebookに投稿された文章を分析することで、投稿者がその先うつ病と診断される可能性を予測するという。

このノウハウを突き詰めていけば、精神的なサポートや正式な診断を必要とする人を見抜くためのツールを開発できるのではないかと、研究者たちは述べている。ただし、健康状態に関するプライヴァシーという重大な問題をはらんではいる。

この手の調査にどこか覚えがあるとすれば、それは気のせいではない。Facebookの投稿とユーザーの精神状態との関連についての研究は、長年にわたって行われてきた。

しかし、調査に当たり、研究対象のユーザーの同意を得ていなかった場合もままある。例えば、フェイスブックとコーネル大学の研究者は2014年、情動感染に関する研究を行い、その発表が世間の不評を買った。対象者の同意を得ることなく、50万人以上のFacebookユーザーの感情や人間関係が調査されたという。

最近では、政治・選挙関連データ分析企業のケンブリッジ・アナリティカの問題が大きな波紋を呼んだ。Facebookユーザー約8,700万人分のデータを不正に入手して個人情報を集め、マーケティングや選挙キャンペーンでより効果的な広告を打てるようにしていたのではないかという疑惑がもち上がったからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ