PR

WIRED WIRED

Netflixは日本アニメで「世界市場」を攻める

Messenger

 ネットフリックスが、2019年に全世界で独占配信する新作アニメ5作品を発表した。「Netflixアニメ元年」とも言われる18年の作品数とヴァリエーションを上回る勢いで、アニメのグローバル展開を強化するネットフリックス。その戦略における日本アニメの位置づけとは?

TEXT BY TOMOKO HASEGAWA

フル3DのCGアニメシリーズ「ULTRAMAN」はNetflixで2019年4月に公開される。VIDEO COURTESY OF NETFLIX
フル3DのCGアニメシリーズ「ULTRAMAN」はNetflixで2019年4月に公開される。VIDEO COURTESY OF NETFLIX

フル3DのCGアニメシリーズ「ULTRAMAN」はNetflixで2019年4月に公開される。VIDEO COURTESY OF NETFLIX

ネットフリックスが新作アニメの発表会を東京都内で開き、5つの作品を19年に投入することを明らかにした。そのラインナップは、世界のジャパニーズアニメファンの期待を裏切らないものばかりだった。

なかでもジャパニーズアニメのコアなファンから手堅く支持を集めそうなのが、フル3DのCGアニメシリーズ「ULTRAMAN」である。原作は累計発行部数280万部を超える同名タイトルのヒット作。「ウルトラマン」が地球を去ったあとの世界を描いたストーリーの主役は、等身大の悩み多き高校生・早田新次郎という設定だ。

これまでの「ウルトラマン」シリーズにはない世界観を持つ同作は、神山健治と荒牧伸志の2人監督体制で、制作が「攻殻機動隊」アニメシリーズを制作してきたProduction I.Gと、数々のフル3DCGアニメーション作品を制作してきたSOLA DIGITAL ARTSの2社のタッグでアニメ化される。今年7月にロサンジェルスで開催された北米最大のアニメコンヴェンション「Anime Expo 2018」では、注目作のひとつとして紹介された。

また、大ヒット漫画をリメイクする「聖闘士星矢:Knights of the Zodiac」は、世界のトップアニメクリエイターとも強力なネットワークを構築するネットフリックスならではのインターナショナルな制作体制を敷く。脚本は『アベンジャーズ』シリーズを手掛けたユージーン・ソン、シリーズディレクターは芦野芳晴という、日本とハリウッドの掛け合わせが実現する。

ネットフリックスは、掘り出し物にも目がない「ジャパニメーション」のファンも意識している。田村由美原作の近未来サヴァイヴァルSFコミックが原作の『7SEEDS』もラインナップしたほか、日本ではなじみ深い「リラックマ」が主役のストップモーションアニメシリーズ「リラックマとカオルさん」まで新作に並べた。同作は世界最高水準のストップモーション技術を有するドワーフスタジオが手掛け、声優に女優の多部未華子を起用している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ