PR

WIRED WIRED

恐ろしいほど「辛い」成分が、末期がん患者を痛みから救う? 植物由来の新しい鎮痛剤の威力

Messenger

 世界一辛いトウガラシよりも10,000倍も辛いとされる植物の成分が、医療用の鎮痛剤として注目されている。関節痛の患部に注射すると痛みを伝える神経末端が破壊され、痛みを感じなくなるというのだ。動物実験でも効果が見えてきたこの手法は、痛みに苦しむ末期がん患者への応用だけでなく、米国で蔓延するオピオイド中毒から人々を救う新たな手段になる可能性を秘めている。

TEXT BY MATT SIMON

TRANSLATION BY TOMOYUKI MATOBA/GALILEO

WIRED(US)

モロッコに分布するサボテンに似たある植物は、とてつもなく辛い。これは決して誇張ではない。この植物の活性成分であるレシニフェラトキシン(以下RTX)は、辛さの指標である「スコヴィル値」で160億もの値を示す。これは、世界一辛いトウガラシとして知られるキャロライナ・リーパー(「カロライナの死神」)の10,000倍、ハバネロの最も辛い品種の45,000倍、ハラペーニョの450万倍に相当する。

このハッカクキリン(学名:Euphorbia resinifera)は、食用ではない。安全のためには、見るのもやめたほうがいいだろう。

まぬけな哺乳動物がハッカクキリンの猛毒を口にすれば無事ではすまないが、一方でRTXは有望な鎮痛剤として注目されている。RTXを関節痛の患部に注射すると、痛みを伝える神経末端が破壊されるのだ。この鎮痛剤は、米国で蔓延するオピオイド中毒[日本語版記事]から人々を救う、新たなツールになるかもしれない。

辛い成分の注射だけで痛みが消える

ヒトの体には、さまざまな種類の感覚ニューロンがある。軽い接触に反応するもの、関節の位相を伝えるもの、組織損傷や火傷といった刺激にだけ反応するものなどだ。RTXは、こうしたニューロンの末端を手当たり次第に破壊するわけではない。痛覚神経末端に特化した分子量の大きなイオンチャンネル「TRPV1(トリップ・ヴイ・ワン)」に結合する。

TRPV1受容体は通常なら温度に反応するが、刺激物として知られる一部の分子にも反応する。その代表例が、唐辛子の活性成分であるカプサイシンだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ