PR

WIRED WIRED

AIは「わかる」が何かは「わからない」--松原仁、人工知能の本質をかく語る

Messenger

「カーツワイル一派は、神にはフレーム問題がないと言っています。神は全知全能という定義ですよね。もしも“わたしにわからないことはない”というクラウド型AIが実現できたとしたら、フレーム問題は解決するでしょう。それは世界中のことが瞬時にわかるということですが、ぼくは工学的にいくらコンピュータが速くなっても難しいと思います。人間がいろんな問いの答えがわからないように、AIもいろんなことがわからないはずなんです」

AIによる創造性を探求する松原は、その過程でもうひとつの大きな課題と向き合わざるを得なくなっている。それは「人間とは何か?」を明らかにすることだ。

「結局、AIの研究は突き詰めれば突き詰めるほど、人間を探求することになるんです。そしてそれは、まだわからないことだらけなんです」

Editorial Researcher:Kotaro Okada

Editorial Assistants: Joyce Lam, James Collins, Kanna Yamazaki, Ching Jo Hsu, Jessica Khan, Susanna Chang, Matheus Katayama

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ