PR

WIRED WIRED

AIは「わかる」が何かは「わからない」--松原仁、人工知能の本質をかく語る

Messenger

 「AIの研究は突き詰めれば突き詰めるほど、人間を探求することになるんです」こう語るのは、星新一のショートショートを人工知能に書かせるプロジェクト「きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ」に取り組む松原仁だ。彼との対話は、AIについて考えることが人間といういまだ謎に満ちた存在について考えることにほかならないと思い出させてくれる。

TEXT BY MASANOBU SUGATSUKE

ILLUSTRATION BY AMARENDRA ADHIKARI

「AIが『ハリー・ポッター』の新作を書いた」。2018年初頭、こんなニュースが飛び込んできた。ボトニック・スタジオズというクリエイティヴ集団がAIに『ハリー・ポッター』シリーズ全7巻を学習させ、生成されたのがその新作だ。

読んでみると、内容やストーリー展開はかなり支離滅裂だ。例えば「ハリーはまわりを見回して、その夏の間じゅう、らせん階段から転げ落ちていた」など、どう考えても人間が推敲したとは思えない仕上がりとなっている。だが、このニュースは、人間にしかできないと思われている領域に、急速に機械が侵入しているのを示す一例だ。将来、ノーベル文学賞を受賞するAIも現れるのだろうか?

日本でも同様の取り組みに挑戦する研究者がいる。亡き小説家、星新一のショートショート(短編)をAIに学習させて執筆させ、「星新一らしい」短編を星新一賞に応募し、一次審査を通過させるという快挙を成し遂げた松原仁だ。彼は公立はこだて未来大学の複雑系知能学科の教授。自身のプロジェクトを「きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ」と名付け、AIに短編を創作させることを目指している。

 私はF恵。普段は将棋の棋士 AI として働いている。私はあらゆる手を想定でき、未だに負けたことが無い。今日、私は人狼テストを受けさせられることになった。このような遊びをして何の意味があるのだろう。開発者はやる気だが、 私はあまり乗り気ではなかった。

これは第四回星新一賞に応募した「きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ」のAIが書いたショートショート「人狼知能能力測定テスト」からの抜粋だ。一読して人が書いたのか、AIが書いたのかは判別しづらい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ