PR

WIRED WIRED

Facebookの5000万人分の情報流出について、いま知っておくべきこと

Messenger

 Facebookの5,000万人分のユーザー情報が流出していた可能性があることが、9月28日(米国時間)に明らかになった。プロフィールの「プレビュー」機能に関する脆弱性を外部のハッカーに悪用されたもので、最大で9,000万人が影響を受けた可能性があるという。いま、われわれはどう対処すべきなのか。そして個人情報にまつわる問題が続くフェイスブックの今後にどう影響するのか。

PHOTO: MARLENE AWAAD/BLOOMBERG/GETTY IMAGES
PHOTO: MARLENE AWAAD/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

フェイスブックの個人情報をめぐる問題は、前例のない情報流出で新たな段階を迎えた。Facebookの5,000万人分のユーザー情報が流出していた可能性が明らかになったのだ。アプリを通じて入手した個人情報を第三者が流用していたケンブリッジ・アナリティカの問題とは異なり、今回の問題は外部の攻撃者がユーザーアカウントを直に乗っ取れる脆弱性である。

今回のバグは、フェイスブックによれば修正済みだという。同社の説明によると、攻撃者がユーザーのプロフィールのすべてを閲覧できる状態になっていた。だが、個人的なメッセージが含まれるのか、データが悪用されたのかどうかは現時点では明らかにされていない。

フェイスブックは問題を修正する過程で、9,000万人のFacebookユーザーのアカウントを、9月28日(米国時間)の朝に自動でログアウトさせた。このうち5,000万人が今回の問題の対象であり、残りの4,000万人も影響を受けていた可能性があるという。

まず「あなた」が確認すべきこと

フェイスブックによると、影響を受けたユーザーが再ログインすると、ニュースフィードのトップに情報流出に関するメッセージが表示されるのだという。

「みなさんのプライヴァシーとセキュリティは、わたしたちにとって重要なものです」と、フェイスブックは記している。メッセージは「わたしたちは、みなさんのアカウントを守るためにとった施策についてお知らせしたいと考えています」と続き、クリックすると詳しい情報を読めるようになっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ