PR

WIRED WIRED

英国で消えゆく小銭、危機感を抱くホームレスの人々

Messenger

英国でもキャッシュレス化が進むなか、ホームレスの人々が危機感を募らせている。「ごめんなさい、お金はもっていないの」--。そんな言葉はホームレスだけでなく、移民や低所得者層といった既存の金融システムの外側にいる社会的弱者にとって、極めて大きな意味をもち始めた。

TEXT BY PHOEBE BRAITHWAITE

TRANSLATION BY SHOTARO YAMAMOTO/DNA MEDIA

WIRED(UK)

PHOTO: JACK TAYLOR/GETTY IMAGES
PHOTO: JACK TAYLOR/GETTY IMAGES

いまから4年前、ナタリーが初めてホームレス状態になったとき、人々はいまよりもっと気前がよかったはずだ。ロンドン北部育ちの27歳の彼女は、ボーイフレンドと破局した2014年に路上に住み着いた。2015年になってホステルに居場所を得たものの、議会の決定で賃料が上がったことにより支払いが滞り、今年になって再びホームレス状態になった。

ナタリーには気づいたことがあった。「小銭をもっていないんです」と謝られることが次第に増えてきたのだ。「かつては恵んでいただくことが多かったと思います。当時の夏は、今年の冬より収入が多かったですね」とナタリーは言う。

「冬場はほかの季節より思いやりをいただくことがずっと多いものなんです。雪が降っていて、寒空のもとにいるのがはっきりわかるから。今回は12月からホームレスの状態になったんですが、ずいぶん収入が少なかったです。それはもう、散々な結果ですよ」

英国ではATMが毎月300ずつ姿を消している。かつて銀行支店の閉鎖を食い止めるためにATMが導入された比較的貧しい田舎の地域は、特に影響が大きい。2006年には英国における支払いの62パーセントが現金だったが、今日では現金の支払いは40パーセントにすぎない。2026年には21パーセントまで低下すると予想されている。

きちんとしたベッドがなく、見知らぬ人の厚意に頼って生活するホームレスの人々にとって、小銭が消えていくことは火急の事態だ。ナタリーをはじめとする英国内に30万人いるホームレスの人々は、すでに困難に直面している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ