PR

WIRED WIRED

体脂肪が体重を減らす? 新たな減量のメカニズム、米大学の研究チームが発見

Messenger

 ある種の脂肪を蓄えている人は、人間の体にある分子を活性化させることで体重を減らせるかもしれない--。そんな研究結果を、米ハーヴァード大学の研究チームが発表した。マウスでの実験では、ある物質を与えて脂肪の大幅な減少や肥満や糖尿病指数の上昇を防ぐ効果が確認されたという。果たしてこの研究結果は、わたしたち人間にも適用できるのか?

TEXT BY RICHARD PRIDAY

TRANSLATION BY SHOTARO YAMAMOTO/DNA MEDIA

WIRED(US)

IMAGE: GETTY IMAGES
IMAGE: GETTY IMAGES

人と体重の飽くなき闘争に、生物学的な新戦術が見つかった。“正しい”種類の脂肪を蓄えている人は、人間の体にすでに備わっているある分子を活性化させることで、体重を落とすことができるかもしれないというのだ。

化学ファンには「C4H4O4-2」という表記でおなじみのコハク酸塩という分子と、一般に「褐色脂肪」として知られる熱産生脂肪細胞との相互作用によって、この効果が生じることが新たに解明された。

定番の「白色脂肪」に含まれる脂肪滴はひとつだが、褐色脂肪は単独、あるいは白色脂肪と混じり合った“ベージュ”エリアに存在する小さな脂肪滴を多数もっている。加えて、大量のミトコンドリアも含んでいる。細胞が赤褐色になるのは、ミトコンドリアが鉄を豊富に含んでいるからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ