PR

WIRED WIRED

自動小銃で有名なロシアのカラシニコフがEVのコンセプトモデル発表 レトロなデザインも…中身は「スーパーカー並み」

Messenger
カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP
カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

CV-1のコンセプトモデルは淡いブルーのレトロなデザインで、旧ソ連時代の70年代に開発されたコンパクトカーをモチーフにしたという。一方で、カラシニコフは「スーパーカー」であることを謳う。同社によると、時速 100kmまでの加速は6秒で、1回の充電で走行可能な距離は最長350kmに達するという。

また、このEVは独自設計のシステムを搭載しており、バッテリーやモーターなど全体をコントロールするのだという。ただし、価格や発売時期については、現時点で明らかになっていない。

カラシニコフが発表した軍事用の電動バイク「SM-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP
カラシニコフが発表した軍事用の電動バイク「SM-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

そして電動バイクは、一般向けの「UM-1」と、軍事用の「SM-1」が発表された。同社によると、UM-1の最高時速は100kmで、モーターの出力は15kW。リチウムイオンバッテリーとリチウムリン酸鉄バッテリーを搭載しており、走行可能距離は150kmだという。なお、モデル名の「UM」は「Urban Moto」の略だ。

軍事用の「SM-1」は最高時速が90kmで、走行可能距離は150km。バッテリーの種類は一般向けと同じようだが、水冷式のモーターを採用しているという。SM-1はロシア国防省に納品される見通しだ。このほか、カラシニコフはバギータイプのEV「UV-4」なども発表している。

カラシニコフが発表した軍事用の電動バイク「SM-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP
カラシニコフが発表した軍事用の電動バイク「SM-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ