PR

WIRED WIRED

自動小銃で有名なロシアのカラシニコフがEVのコンセプトモデル発表 レトロなデザインも…中身は「スーパーカー並み」

Messenger

 自動小銃「AK-47」で有名なロシアのカラシニコフが、電気自動車(EV)のコンセプトモデルを発表した。レトロなデザインの中身は「スーパーカー並み」だというが、果たして実現可能性はあるのか。同時に発表した電動バイクや小型EV、アラブ首長国連邦(UAE)との覚書などを見るに、どうやらカラシニコフは“本気”のようだ。

カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP
カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

カラシニコフと聞いて多くの人が思い浮かべるのは、ロシアの自動小銃「AK-47」だろう。ミハイル・カラシニコフが1940年代に設計したAK-47は、シンプルさと実用性ゆえに旧ソビエト連邦軍から旧東側の国へと急速に普及した。基本設計から半世紀以上を経たいまも、世界中の反政府勢力やテロリスト、麻薬密売人、ギャングなどに使われている。

その自動小銃で有名なロシアのメーカーであるカラシニコフが、なぜか電気自動車(EV)や電動バイクなどを立て続けに発表した。ロシアで開催された軍事見本市「Army 2018」で8月24日、同社はEVのコンセプトモデル「CV-1」などを初めて披露している。

カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。ハッチバックスタイルなのがわかる。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP
カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。ハッチバックスタイルなのがわかる。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ