PR

WIRED WIRED

【動画】未来のバイクは、横滑りを「ジェット噴射」で防ぐ

Messenger

現時点ではボッシュの研究プロジェクトにすぎないが、安全に関するこのような革新的な工夫が変化をもたらす可能性があることは、同社も認識している。「インドでは年間5万人近くがバイクで死亡していますが、インド政府が排気量250cc以上のバイクにABSを標準装備することを法律で義務化したことにより、この数字は25~30パーセント減ることを期待しています」と、ユルドゥルムは言う。

二輪に特化したレーダーの開発も

ボッシュが自動車で取り組んでいる革新的な工夫の多くが、二輪車の世界にもゆっくりと浸透しつつある。ユルドゥルムが言うように、自動車部門でセンサーが広範にわたって採用されたことによる「規模の経済」のおかげで、その技術はバイクメーカーにも利用しやすいものになった。

「すでにBMWのスクーターには超音波センサーが取り付けられ、乗り手の死角にある車両を警告するようになっています。このようなセンサーやレーダーの技術が今後のモデルにさらに採用されるのを見るのが楽しみです」と、ユルドゥルムは期待する。

ボッシュのレーダーセンサーは、厳しい天候にさらされる二輪車走行に向けて改良されたものだ。このためアダプティヴ・クルーズ・コントロール(ACC)機能や前方衝突警告システムの搭載に役立つ可能性があると、同社の技術者たちは確信している。

「オートバイ向けの包括的な高度安全装置に取り組んで約10年になりますが、次の10年には、この分野でさらに多くの革新が見られると確信しています」とユルドゥルムは言う。「将来のオートバイでの死亡数をゼロにすることがわたしたちの使命です。それは可能だと思っています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ