PR

WIRED WIRED

【動画】未来のバイクは、横滑りを「ジェット噴射」で防ぐ

Messenger

オートバイが横滑りする瞬間にガスをジェット噴射させ、姿勢を一気に立て直す--。そんな技術の開発をボッシュが進めている。このほかにも自動車に使われるレーダーの応用、5G通信によってライダーに路上の危険を事前に知らせるなど、バイクをもっと安全にする取り組みが急ピッチで進められている。

TEXT BY LEON POULTNEY

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(UK)

横滑りしそうな瞬間にガスを噴出させて、その勢いで姿勢を立て直す--。ボッシュはオートバイのバランスをとる安定制御機能を試作車に装備し、デモンストレーションを実施した。PHOTOGRAPH COURTESY OF BOSCH
横滑りしそうな瞬間にガスを噴出させて、その勢いで姿勢を立て直す--。ボッシュはオートバイのバランスをとる安定制御機能を試作車に装備し、デモンストレーションを実施した。PHOTOGRAPH COURTESY OF BOSCH

見通しのよい道路をオートバイで走るという青春時代の夢の多くは、子どもを守ろうとする親たちによって潰されてきた。親たちは、バイクを「死を招く落とし穴」と思わせる、交通安全上のデータを繰り返し引用したのだ。

ただし、人生における多くのことがらと同様に、大人たちの言うことは正しい。英国の一部の地域では、交通事故は全体的には低下傾向にあるにもかかわらず、オートバイに乗る人々が重傷を負う件数は年々増加している。

そのような地域のひとつがロンドンだ。2011年から16年の5年間で見ると、自動車の運転で死亡した人は47パーセント減少したが、同時期にバイクで死亡した人は13パーセント増加している。

ボッシュの本拠地であるドイツでも、交通事故で死亡する危険性は、二輪車に乗っているほうが自動車と比べて最大で20倍も高くなっている。ドイツの連邦統計局が発表したデータによると、17年のバイクによる死亡事故件数は9パーセント増加した。

ボッシュの二輪車・パワースポーツ事業部門を率いるジェフ・リアシュは、「将来のオートバイは、自ら見て、感じることができるものになる必要があります」と語る。「事故の件数を減らす鍵になるのは、オートバイに乗る人を、道路を利用するほかの人々の目につきやすいようにすることです。そのための方法のひとつが、オートバイとクルマが互いに“会話”できるようにすることなのです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ