産経ニュース

TwitterやFacebookは、もはや政治的な「中立」ではあり得ない

WIRED WIRED

記事詳細

更新


TwitterやFacebookは、もはや政治的な「中立」ではあり得ない

この中間に位置するTwitterやほかのプラットフォームの管理者は何もしたくないようで、真面目に取り組んで難局を切り抜けるつもりはないのだ。

中立は選択できなくなる

最近のシリコンヴァレーとトランプ政権の動きは、どのみちうまくいかなくなる。Wikipediaではすでに、軍が管理する亡命希望者の収容施設の呼び方を、「抑留(internment)施設」にするか、「強制(concentration)収容所」にするかで議論が白熱している。ほどなくして、賭け金がさらに上がる瞬間がやってくるだろう。

例えば、脱走した移民が国境警備隊によって殺されたり、テントの抑留施設で室温が38℃近くまで上がって悲劇が起きたりしたときに、ソーシャルメディアの巨人たちは抗議の声に飲み込まれる。そして明確なモラルに直面する瞬間を迎えるのだ。

活動家を助けるか、政治的抗議に直接手を差しのべるか、あるいはリスクを覚悟で「中立な」プラットフォームだという立場を守ろうとするのか。どの道でも、どちらかの陣営に肩入れをすることなので、明確な選択になる。

政府による抑留措置への怒りが最高潮に達した18年6月19日に、Twitterの共同創業者でCEOのジャック・ドーシーは、420万もいる自分のフォロワーに対して、短い質問を投げかけた。

 Do everything it takes to #KeepFamilesTogether.

 What are the highest impact ways to help?

 ― jack (@jack) 2018年6月19日

「彼らを助けるための最も有効な手は何だろう?」

だが、ドーシーもその仲間たちもすでにその答えを知っている。真に問うべき質問は、自分たちがその結果を受け入れられるかどうか、なのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • TwitterやFacebookは、もはや政治的な「中立」ではあり得ない