産経ニュース

TwitterやFacebookは、もはや政治的な「中立」ではあり得ない

WIRED WIRED

記事詳細

更新


TwitterやFacebookは、もはや政治的な「中立」ではあり得ない

シリコンヴァレーの巨人は、ここ5年で「政治的な責任」が急速に膨らんでいることを痛感してきた。Twitterをテロリストが利用したり、大統領選の際にロシア人がFacebookでデマを拡散したりするなどの出来事が起きたが、管理者は中立を装い何も手を打たなかった。だがいま、自分たちのデジタル帝国をどのように統治するかを真剣に考えるときがやってきた。

TEXT BY EMERSON T. BROOKING AND P. W. SINGER

TRANSLATION BY NORIAKI TAKAHASHI

WIRED(US)

TwitterとFacebookは言い訳をするのをやめて、社会全体の利益のためにプラットフォーム上のコンテンツを管理するべきだ。IMAGE BY CASEY CHIN TwitterとFacebookは言い訳をするのをやめて、社会全体の利益のためにプラットフォーム上のコンテンツを管理するべきだ。IMAGE BY CASEY CHIN

トランプ政権は2018年6月に、アメリカに亡命を希望する親子を別々に収容するやり方を中止すると発表した。生後数カ月の赤ちゃんまでも親と引き離すという冷酷なやり方に対して多くのアメリカ市民が怒り、大変な戦いの上に勝利をつかんだ。

国会議員へのロビー活動を続け、国土安全保障省との契約者によるショッキングな証言があり(子どもに対して、風呂代わりにキッチンの流しを使わせた)、引き離される親子の胸が痛くなる画像や映像が多く流された。つまり、大勢の活動家が行動した結果の勝利だったのだ。

活動家のなかには、国土安全保障省の組織である米国移民・関税執行局(ICE)の施設を閉鎖したり、トランプ政権の高官をレストランからつけ回したりした者もいた。

こうした努力を束ねたのはソーシャルメディア、はっきり言うとTwitterだった。

動きが早く、口の悪いこのプラットフォームを利用するアメリカ人は5人に1人しかいないが、現代のアメリカ政治の礎石になりつつある。Twitter上でジャーナリストは事実を集め、大統領が意見をつぶやく。ここにストーリーが集まり、勢いよく広まっていき、やがてここを離れて大きな流れとなる。また、ここは戦場の様相を日に日に強くしている。

ハッシュタグがついた意見の分かれる問題の白黒をつけようと、それぞれの陣営に人が集まり、「戦争」をくり広げるのだ。

だが、Twitterには管理者がいる。彼らは間違いを犯しやすい生身の人間の小集団だ。そして、トラブルはここから始まる。世界を崩壊させようという管理者たちの行動によって、シリコンヴァレーの王たちは、自分たちが政治と距離を置くことがますます難しくなっているのを知る。

Twitterが下した意思決定

親子分離政策に反対する熱心なロビー活動がネット上で展開されているときに、Twitterは2つの特筆すべき意思決定をした。1つ目は、サム・ラヴィーンというソフトウェア開発者が、1,500人ものICE職員のデータベースをつくった件だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • TwitterやFacebookは、もはや政治的な「中立」ではあり得ない