PR

WIRED WIRED

気持ちが若い人たちは、脳も本当に若かった 研究結果

Messenger

これを確かめるため、研究者らは59歳から84歳までの被験者68人の脳をMRIで測定し、各脳領域での灰白質を調査。また、認知機能の測定、性格診断(社交性やオープンマインドであるかどうかの度合い)に加え、主観的な健康状態と、自分が感じる年齢を答えてもらった。

結果をみると、実年齢よりも若いと感じている人たちは、実年齢よりも年をとったと感じている人たちと比べて、部分的に脳の灰白質の体積が大きい傾向にあった。脳の灰白質の減少は、加齢による空間認識能力や運動能力の低下など、さまざまな年齢的な変化を反映する。ところが興味深いことに、これまでの研究で示唆されていた加齢に敏感な脳領域の灰白質量の変化は、気持ちの若さとはさほど顕著な関連を示さなかったという。

若い脳の構造的な特徴が顕著に

今回の研究では特に、認知機能や抑制機能を処理する下前頭回や、言語・聴覚などコミュニケーションにかかわるとみられる上側頭回に、最も強い関連が見られたという。 これらの領域は、加齢による脳の構造変化のなかでも、年齢関連の認知力低下を感じる部分と関連していた。しかし研究者らは論文で、「領域形態の変化と逆推論に基づく解釈は注意して行うべきだ」と、慎重に見解を述べている。

とはいえ、実年齢よりも気持ちが若いと答えた人たちは、記憶テストでより高得点をとる傾向にあり、健康状態も良好で、鬱の症状を報告する可能性も低かったという。彼らが心身ともに活発な生活を送っているのは、おおかた事実だろう。

「若く感じる人たちは若い脳の構造的特徴があることがわかりました」と、チェ教授は言う。「重要なのは、性格、主観的な健康状態、鬱の症状、認知機能などの要因を考慮したあとでも、この差は歴然だったということです」

この研究が示唆しているのは、実年齢よりも年をとって感じる人たちは、実際の脳の老化を敏感に感じ取っているかもしれないということだ。脳が若いから気持ちが若いのか、それとも気持ちが若いから脳を健康に保てる生活習慣が送れるのか。その因果関係は定かではない。

チェ教授らは、主観年齢と脳の健康の理解を深めるための長期的な研究が必要だとしながらも、もし自分が年齢よりも年老いていると感じたとしたら、それは生活習慣を改める良い機会なのかもしれない、と結んでいる。

RELATED

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ