PR

WIRED WIRED

「宇宙観光」がいよいよ現実に? 米企業が2019年にも商用フライトの可能性

Messenger

 誰もが憧れた「宇宙観光」が、いよいよ現実のものになりそうだ。ヴァージン・ギャラクティックやブルーオリジンがテスト飛行を成功させており、2019年にも商用フライトが始まる可能性が出てきた。(お金さえあれば)もはや夢ではなくなってきた、宇宙への旅に向けた取り組みを追った。

PHOTOGRAPH COURTESY OF BLUE ORIGIN

宇宙--。そこは最後のフロンティアか、それとも究極の観光スポットなのか。両方とも正解だろう。あなたがお金さえもっていれば。

いつになるかは決まっていないが、あなたは「SpaceShipTwo」のフライトチケットを購入できる。それはリチャード・ブランソン率いるヴァージン・ギャラクティックが開発する有人宇宙船だ。

そして、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスが率いるブルーオリジンである。同社は早ければ2019年にも、宇宙ツアーを待ちわびる人々にチケットを売るつもりだと、2018年6月にシアトルで開かれたカンファレンス「NewSpace」で発表した。両社ともに有人宇宙旅行で利益を上げられる、しっかりした計画をもっている。

それから、かのイーロン・マスク率いるスペースXもいる。ただこちらは、国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を往復させることを当面の目標にしている。安全に有人宇宙飛行を成し遂げるうえでヴァージン・ギャラクティックが競争しているのは、他社ではなく自分自身なのだ、とブランソンはかねて語っていた。だが、ブルーオリジンが19年にチケットを売り始めるのであれば、両社は遅かれ早かれ競争することになる。

彼らはよく似た宇宙体験を売ろうとしているので、差異化を図る必要があるだろう。両社ともに地球の周回軌道まで行くのではなく、海抜高度62マイル(約100km)にある「カーマン・ライン」と呼ばれる、宇宙空間と大気圏を分ける仮想の境界線を越えることを目指している。

初めて宇宙飛行をしたアラン・シェパードと2番目のガス・グリソムを思い出すのだと、NASAの元宇宙飛行士であるトム・ジョーンズは語る。「この軌道では、乗員は約5分間の無重力状態を体験できる。エンジン点火から着陸まで全体の飛行時間は15~30分になるだろう」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ