PR

WIRED WIRED

重量100億トン超! 巨大氷山が崩れ落ちる瞬間をカメラがとらえた(動画あり)

Messenger

そんなカオスは、モデル化するのが難しいものだ。よく見ると、この動画のピナクル型氷山は、すべてが下から分離しているわけではないことがわかる。上から分離し、違うタイプの構造崩壊を示しているものもある。

構造が異なれば、崩壊するペースも異なる。そのペースがわからなければ、作成したモデルがどれほど正確なのかもわからない。

「海面変動を予測するなら、まずはこの極めて困難な作業を行い、海に崩壊していく氷を正確に把握する必要があります。しかしそれは、現状では実現していません」とデイヴィッドは言う。「さらに観察とモデル化を重ねることで、将来的には可能になるかもしれませんが、氷山崩壊の頻度が高すぎて、起こったことを理解したりこれからのことを予測できる、とは誰も責任をもって言えない状況です」

そうした「将来」がやって来るまで、ここに掲載したような動画の分析が必要になる。そしてわれわれは、氷河から氷山が分離する際の計り知れない複雑さと、とにかく圧倒的なその巨大さを再認識させられることになるのだろう。

RELATED南極の氷は、5年前の「3倍速」で消えている――衝撃的な研究の舞台裏

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ