PR

WIRED WIRED

月への入植を目指す日本企業、ispaceの挑戦

Messenger

吉田研究室には組み立てが終わったばかりの月面探査機のプロトタイプが置かれていた。グーグルがスポンサーに付いた優勝賞金2,000万ドル(22億2,100万円)の無人月面探査コンテスト「Google Lunar XPRIZE」に応募するためのもので、総重量はわずか10kg。試作機は地震のあとも奇跡的に無傷だった。

カナダ出身の元鉄道エンジニアで、インターンとして吉田研究室に在籍していたジョン・ウォーカーも幸いなことに、けがなどはなかった。ウォーカーはこの月面探査機のことが心配でならなかった。地震の影響で大学構内への立ち入りは無期限で禁止されたが、彼はなんとしてもプロトタイプを外に運び出そうと決心した。

彼は研究室の仲間と協力してキャンパスの状況を調べ、空いたままの窓を見つけて建物の内部に入り込んだ。そして、なんとか試作機の救出に成功したのだ。

21世紀らしいヴィジョン

このときの試作機はその後、実際に月面を走ることのできる小型惑星ローヴァーへと進化を遂げた。東北大学のチームは「ispace」という会社を立ち上げ、シリーズAの資金調達で100億円超を集めている。宇宙開発分野のスタートアップとしては過去最高額で(参考までにイーロン・マスクが率いるスペースXの調達額は6,100万ドル、日本円にして67億円超だった)、ispaceへの期待の高さを物語る数字だろう。

ispaceは探査機を月に送るだけでなく、最終的には月面に入植用の基地を建設することを目指している。月を地球のように人類の生活圏にしようというのだ。日本では次世代宇宙開発の象徴ととらえられており、「SORATO(ソラト)」と名付けられた小型探査機を擁するこの宇宙ヴェンチャーは幅広い支持を集める。

4キログラム以下まで軽量化された探査機は、昆虫と小型戦車を足して2で割ったような外観をしている。車体には炭素繊維素材を採用し、車輪は水車のようにも見える。前後左右に4台のカメラを搭載することで360度の視界を確保したほか、別のカメラでも安全を確認するシステムだ。将来的には、探査機や着陸機に顧客から依頼された機材を有償で積み込むといったビジネスモデルを提供することも考えているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ