産経ニュース

まるでバットモービル! 運転する楽しさを改めて実感させてくれる3輪自動車

WIRED WIRED

記事詳細

更新


まるでバットモービル! 運転する楽しさを改めて実感させてくれる3輪自動車

 見た目がバットモービルのような3輪の奇妙なクルマが発売された。ドアがなく、フロントガラスは半分しかないこのクルマは、とにかく騒々しくて快適な通勤にはまったく向いていない。だがまるでオートバイのような走行体験は、自律走行車が普及していく未来に向けて、クルマを運転する楽しさを改めて実感させてくれた。『WIRED US』版によるレヴュー。

ポラリスがつくった3万ドル(約334万円)の3輪自動車「スリングショット」は、公道を走る最もユニークな乗り物だろう。自律走行車が普及したあとで人間の運転がどのように見えるか、多くを語ってくれる。PHOTOGRAPH COURTESY OF POLARIS INDUSTRIES ポラリスがつくった3万ドル(約334万円)の3輪自動車「スリングショット」は、公道を走る最もユニークな乗り物だろう。自律走行車が普及したあとで人間の運転がどのように見えるか、多くを語ってくれる。PHOTOGRAPH COURTESY OF POLARIS INDUSTRIES

ベイブリッジのなかほどに差しかかったとき、助手席に座っているジョンが聞いてきた。これは、恐らくシートベルトを締める前から頭に浮かんでいた質問だろう。

「ちなみに、これは公道を走っても問題ないの?」

 

 たぶん、車内に貼ってあるステッカーを見たのだろう。そこにはこう書かれている。

「この乗り物はCMVSS208(カナダ国土交通省が定める自動車安全基準)における動的・静的試験の要件を満たしていない」

あるいはジョンは、クルマの衝突安全基準について少し知識があったのかもしれない。それとも、バットモービルを模したようなこの3輪のクルマは、サンフランシスコとオークランドを結ぶベイブリッジはもちろん、ほかの公道を走るのも許されないはずだと思っただけかもしれない。

続きを読む

このニュースの写真

  • まるでバットモービル! 運転する楽しさを改めて実感させてくれる3輪自動車
  • まるでバットモービル! 運転する楽しさを改めて実感させてくれる3輪自動車
  • まるでバットモービル! 運転する楽しさを改めて実感させてくれる3輪自動車