PR

WIRED WIRED

木星の衛星エウロパには生命が存在? NASAの探査計画が進行中

Messenger

科学者は「ワクワクしながら慎重に」

エウロパ・クリッパーにはレーダーを使用して表面を探査し、氷の殻とこの下にある水の深さと密度を調べる計器も搭載される予定だ。搭載される機器は、全部で9台ある。エウロパ・クリッパーが生命体に必要な化学的な要素、あるいはこれに近い興味をもてる何かを検出すれば、将来のロボット探査機を着陸させる場所や殻に穴を開ける場所、氷の海を泳がせる場所を容易に特定できるようになるだろう。

「生命を求めてエウロパの海を探査する」というシナリオは、13年のSFスリラー映画『エウロパ』でも展開された。ただし、映画内のミッションに参加した6人の宇宙飛行士にとって、結果はあまり望ましいものではなかった。

ヒビッツはエウロパでの生命体探しに対して、ワクワクしているが、慎重でもある。

「科学者は、常に懐疑的なものです。最高の結果を望みながらも、最悪に備えた計画を立てるのです。本当に活動的なプルームであれば驚きですが、ただの塵(ちり)かもしれませんから」

RELATED

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ