PR

WIRED WIRED

台湾の旗でiPhoneがクラッシュ--中国政府に譲歩したアップルが生んだバグ

Messenger

 アップルが7月9日に公開したiOSのパッチで、一部のiPhoneで台湾の旗を表示するとアプリや携帯がクラッシュする不具合が改善された。この不可解な現象はアップルが中国の検閲に譲歩した結果だと、セキュリティ研究者は非難している。

TEXT BY ANDY GREENBERG

TRANSLATION BY ASUKA KAWANABE

WIRED (US)

 アップルが7月9日に公開したiOSのパッチで、一部のiPhoneで台湾の旗を表示するとアプリや携帯がクラッシュする不具合が改善された。この不可解な現象はアップルが中国の検閲に譲歩した結果だと、セキュリティ研究者は非難している。

PHOTO: GETTY IMAGES
PHOTO: GETTY IMAGES

セキュリティ研究者のパトリック・ワードルは2017年4月、サンフランシスコで開催されたRSAセキュリティカンファレンスに参加していた。

その会期中、彼はサンフランシスコ在住の台湾人の友人にお茶に誘われ、とある深刻な問題に関してワードルの力を借りたいと言われた。彼女のiPhoneが中国にハッキングされているというのだ。

携帯がクラッシュする「死の絵文字」

元米国安全保障局(NSA)の職員で、アップル専門のハッカーかつ「Digita Security」の創業者であるワードルは、それまでに被害妄想に取り憑かれた友人知人からこうした話を何度も聞いており、本人もだんだんそれを疑うようになっていた。

「アップルは中国の携帯に台湾の旗を表示させないためのコードをiOSに書き加えた」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ