PR

WIRED WIRED

ドローン感覚で操れる「空飛ぶクルマ」 グーグルの共同創業者が考える未来の移動手段(動画あり)

Messenger

「とは言ったものの、かなり遠くのヴィジョンです。フライヤーはそのための乗り物ではありません。フライヤーは、パイロット免許をもたない一般人の安全で美しい飛行体験を可能にする、最初期の乗り物なのです」

いまより大きな野望を達成するには、何よりも安全を重視するFAAからの承認が必要になる。ロサンジェルスで先日開催された「Uber Elevate」サミットでFAAのダン・エルウェル長官代理は、同局が空飛ぶクルマのコンセプトに取り掛かっていると話した。しかし、その新しい機械たちも、実際に街中を飛ぶにはいくつものハードルをクリアしなくてはならないのだ。

もしかしたら、キティホークがスランの偉大なヴィジョンを達成できないかもしれない。しかし、少なくともその道中では、わたしたちに楽しい体験をさせてくれるだろう。

RELATED

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ