PR

WIRED WIRED

がんは本当に血液1滴から検出できる? 米企業が示した「有望な結果」の実現度

Messenger

 たった1滴の血液から、がんを早期発見するとして注目される検査技術「リキッドバイオプシー」を手がける米企業が、初の臨床試験で「有望な結果」を発表した。元データの公開や相互評価などを経ていないため正確性に疑問の余地もあるが、その実効性をいかに証明し、「あらゆるがんを検出する」という壮大な目標を実現させようとしているのか。

IMAGE BY EMILY WAITE

1滴の血液からさまざまな種類のがんを発症前に発見する検査技術リキッドバイオプシー[日本語版記事]への期待は高まる一方だ。シリコンヴァレーのユニコーン企業(評価額が10億ドル以上で非上場のヴェンチャー企業)であるGrailは2018年5月、がんの早期発見を可能にする血液検査の開発に関し、第3ラウンドの資金調達を終え、16年以降に総額15億ドル(約1648億円)を獲得した。これにより同社は、米国内の民間バイオテクノロジー企業のなかで、三指に入る潤沢な資金を得たのだ。

このリスキーなヴェンチャーに対して投資家は強気だが、多くの腫瘍科医はGrailの技術に懐疑的だった。DNAシークエンシング最大手のイルミナ(Illumina)からスピンアウトした同社が目指すのは、「がんを発症前に発見すること」だ。体内に潜んでいる腫瘍からはがれ落ち、血中に流れ込む遺伝物質を「高感度」なシークエンシングで検出するとしている。

Grailはこのアイディアを実証するために大金をつぎ込む計画だ。予算の大半は、長期にわたる2回の大規模臨床試験に投じられる。Grailは6月初旬に片方の臨床試験の暫定データを示し、懐疑派をある程度は納得させたようだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ