PR

WIRED WIRED

ハチにQRコードをつけたら「コロニーの神秘」が明らかに

Messenger

それだけでなくQRコードを使ったこの研究技法は、ハチのさまざまな行動を理解するのに役立つ。それには殺虫剤の濫用が原因とされる集団全体の異常[日本語版記事]も含まれる。

マルハナバチの一種であるBombus impatiensは、一見すると無個性で機械的な習性をもつように思える。だが、QRコードで彼らの視覚を追跡したところ、実は個性に満ちた生物であることが明らかになった。

VIDEO COURTESY OF JAMES CRALL/HARVARD UNIVERSITY

「それぞれの行動には膨大な個体差があったのです」と、論文の筆頭著者であるハーヴァード大学の生物学者、ジェームズ・クロールは言う。「単に食料係と世話係に分かれているだけでなく、同じ食料係のなかでも一部の個体は特に熱心で、日中ずっとひっきりなしに巣と野外を行き来していました」

巣の中を動き回る時間が長い個体もいれば、巣内の仲間とのやりとりが多い個体もいる。また、一部の個体はおおむね、ほかより活動的だったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ