PR

WIRED WIRED

渋滞に1台の自律走行車でクルマの流れがスムーズに 米ミシガン大学が発表

Messenger

 まだ高価なうえ、一部のモデルにしか採用されていない自動運転技術。ミシガン大学が発表した研究によると、渋滞のなかにコネクテッドな自律走行車が1台あるだけで流れがスムーズになり、渋滞が解消される可能性すらあるという。たった1台の自律走行車が周りのクルマに与える思わぬメリットとは?

PHOTO: GETTY IMAGES

こんな話を聞いたことはないだろうか--。コネクテッドになった自律走行車は、渋滞する通勤時の退屈な運転を肩代わりしてくれて、運転を楽にしてくれる、と。

テスラの「オートパイロット」やキャデラックの「Super Cruise」、アウディの「トラフィックジャムパイロット」といった人間の監督を必要とする運転アシスト機能ですら、すでに運転をより簡単に、そしてもしかしたらより安全にしているかもしれない。

残念なのは、こうした機能をもつクルマが高価で、買える人が限られていることだ。この技術が、安いクルマや中古車にも搭載できるようになるには数年、現在すでに米国を走っているクルマ2.6億台にどうにか搭載されるまでには数十年かかるだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ