PR

WIRED WIRED

巨大テック企業の給料から、ビジネスモデルの違いが見えてくる

Messenger

 テック企業の従業員は一体いくら稼いでいるのか? 各社が米証券取引委員会(SEC)の新ルールの下で公開した年収中央値から明らかになってきたのは、企業のビジネスモデルの差異である。そしてシリコンヴァレー企業の高額な報酬からは、同エリアで繰り広げられる技術者獲得競争の激しさも浮かび上がる。

アマゾンの配送センター。56万6,000人いる同社従業員の大半は、配送センターで働いている。PHOTO: LUKE MACGREGOR/BLOOMBERG/GETTY IMAGES
アマゾンの配送センター。56万6,000人いる同社従業員の大半は、配送センターで働いている。PHOTO: LUKE MACGREGOR/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

テック企業の従業員はいくら稼いでいるのだろう?

その答えは、雇い主が誰かによって大きく異なる。アマゾンが米証券取引委員会(SEC)に提出した2017年の年次報告書によると、同社従業員の年収中央値は28,446ドル(約313万円)だった。これに対して、フェイスブック従業員の年収中央値は24万430ドル(約2,640万円)で、アマゾンの8倍以上だった。

もちろん、これだけ大きな差が生じることにはいくつかの理由がある。フェイスブックで働く25,000人の従業員には多くのソフトウェアエンジニアが含まれており、同社は人件費が高くて競争の激しいサンフランシスコのベイエリアで彼らを雇用している。

一方、56万6,000人いるアマゾンの従業員の大半は配送センターで働いていて、多くの海外拠点も含まれている。アマゾンは米国内における配送センター従業員の平均時給は15ドル以上だと述べており、それに基づくと、残業代を除いた年給は30,000ドルを少し上回る計算になる。

ビジネスモデルによって年収中央値は変わる

それぞれの企業の事業内容やビジネスモデルの違いは、年収にも反映されている。自動車メーカーであるテスラは、従業員の26パーセントが生産ラインの労働者で、18パーセントは米国外にいると説明している。

同社によると、従業員の年収中央値は54,816ドル(約603万円)だ。さらに従業員は、同社株価の値上がりからも恩恵を受けているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ