PR

WIRED WIRED

ミニチュアとは思えない! 懐かしの映画の場面をモデルカーで再現、その驚きの作品づくりの舞台裏

Messenger
モデルカーの一つひとつに手を加え、使い込まれた雰囲気や傷、風合いを再現する。PHOTOGRAPH BY FELIX HERNANDEZ
モデルカーの一つひとつに手を加え、使い込まれた雰囲気や傷、風合いを再現する。PHOTOGRAPH BY FELIX HERNANDEZ
モデルカーの一つひとつに手を加え、使い込まれた雰囲気や傷、風合いを再現する。PHOTOGRAPH BY FELIX HERNANDEZ
モデルカーの一つひとつに手を加え、使い込まれた雰囲気や傷、風合いを再現する。PHOTOGRAPH BY FELIX HERNANDEZ

それから背景をつくり、照明を調整し、さまざまなアングルからシーンを撮影する。あとでPhotoshopを使って修正や追加補正をするのではなく、できる限り実際の写真からイメージをつくり上げるやり方なのだ。 

作業はいつもひとりで行う。シーンの複雑さや細かさによっては、セットを組み立てて場面を完成させるまで、1週間から1カ月かかることもある。

たとえ人々が目にするのは完成した写真だけでも、時間を十分にかけて念入りにつくってゆくことにこそ充実感を覚える、とヘルナンデスは言う。新しい世界を生み出すことに夢中になっていると、1人きりでおもちゃで遊んでいた子ども時代に戻ったような気持ちになるそうだ。

「わたしにとっていちばん大切なのは、完成した作品ではありません。そこまでたどり着く過程が大切なのです」

写真は、ヘルナンデスの大好きな映画や、米国のテレビドラマ『爆発!デューク』などが元になっている。PHOTOGRAPH BY FELIX HERNANDEZ
写真は、ヘルナンデスの大好きな映画や、米国のテレビドラマ『爆発!デューク』などが元になっている。PHOTOGRAPH BY FELIX HERNANDEZ

RELATED

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ