PR

WIRED WIRED

ソフトバンク、知られざる「不動産ビジネス」への傾倒

Messenger

 10兆円ファンドとして知られる「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が、米国を中心に不動産関連ビジネスへの投資を相次いで実施している。建設関連企業のカテラに約1,000億円、コワーキングスペース大手のWeWorkには約5,000億円といった具合に、ビジョン・ファンドは不動産の世界における生態系を広げ、テクノロジーをかけ合わせることで価値を高める戦略を加速させている。ソフトバンクの孫正義は、その先にどんな「王国」を築こうとしているのか。

PHOTO: MARK KAUZLARICH/BLOOMBERG/GETTY IMAGES
PHOTO: MARK KAUZLARICH/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

マイケル・マークスは過去2カ月にわたり、さまざまなカンファレンスでの基調公演の依頼を断ってきた。自身が立ち上げた建設関連企業カテラは設立から3年だが、注目され始めたのはごく最近のことだ。マークスは「建設関連テクノロジーはちょっとしたブームなんですよ」と話す。

そうかもしれない。しかし、カテラへの関心が高まっている理由はそれだけではない。この1月に「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」から8億6,700万ドル(約942億円)もの出資を受けることが決まったのが大きいだろう。

ヴェンチャー業界で最も話題のファンドが、これだけの額を拠出するのだ。カテラが一夜にして有名になったのも無理はない。マークスはもともと、5億ドル(約543億円)程度の資金を集めるつもりだった。だがこれまでもそうだったように、ソフトバンクがかかわっていることが明らかになると、すぐに何もかもが膨れ上がった。

この半年で相次ぐ不動産分野への投資

ヴェンチャー投資家たちからは憧れと恐れの入り混じった目で見られるソフトバンク・ビジョン・ファンドは、最先端技術に積極的に出資することで知られる。しかし最近は、不動産業という世のなかで最も退屈なビジネスのひとつにのめり込んでいるようだ。

総額930億ドル(約10兆983億円)というとてつもない財力は、いかなる市場でも参入を決断すれば、そこでの勝者と敗者を決めるだけのパワーをもつことを意味する。不動産分野でもすぐにそうなるだろう。

同ファンドでマネージングパートナーを務めるジェフリー・ハウゼンボールドによれば、不動産関連の出資先候補として50社以上を検討してきた。その結果、これまでに4件の出資を決めており、今後もこの分野で新しい投資を計画しているという。

カテラへの出資発表からさかのぼること1ヶ月前の昨年12月には、不動産仲介スタートアップのCompass(コンパス)と住宅保険のスタートアップのLemonade(レモネード)に、それぞれ4億5,000万ドル(約488億円)と1億2,000万ドル(約130億円)の投資を行うことを決めた。また17年8月には、コワーキングスペース大手のWeWorkに44億ドル(約4,777億円)を投じている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ