PR

WIRED WIRED

後部座席にティーセット 北京モーターショーで発表されたメルセデスの「超高級EV」

Messenger

 メルセデス・ベンツが新型電気自動車(EV)コンセプトのコンセプトモデル「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ アルティメット ラグジュアリー」を、北京モーターショーで発表した。極めて耽美的な内装デザインや、ティーポットまで備えた後部座席といった超豪華なインテリアが特徴のこのモデル。中国でお披露目されたことには重要な意味があった。

PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG

自動車産業の未来は中国にある。急成長する世界最大の自動車市場で、地球上で最も厳しい排ガス規制が敷かれているために、メーカーはガソリンエンジンを放棄する方向へさえ向かっている。

中国の顧客の好みに合わせて、クルマには後部座席の足元の空間を広げたデザインや、消臭芳香システムまで採用された。そして中国のおかげで、世界はついにダイムラーの超高級車ブランド「メルセデス・マイバッハ」の新型SUVを手に入れることになったのだ。

ダイムラーは4月25日に始まった北京モーターショーで、メルセデス・ベンツの新型電気自動車(EV)コンセプトのコンセプトモデル「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ アルティメット ラグジュアリー」を発表した。内装は極めて耽美的なアイデアで埋め尽くされており、風変わりな外観のデザインなどどうでもよくなってしまうほどだ。

フロントグリルは昨年に発表された衝撃のコンセプトEV「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6・カブリオレ」と同じデザインになっている。PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
フロントグリルは昨年に発表された衝撃のコンセプトEV「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6・カブリオレ」と同じデザインになっている。PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ