PR

WIRED WIRED

ルール“無視”ポルシェが「ル・マン」のレースカーを本気で改造したら…「F1記録」を打ち破った

Messenger
ベルギーのサーキット「スパ・フランコルシャン」でトラックレコードを記録した「919 Hybrid Evo」。PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
ベルギーのサーキット「スパ・フランコルシャン」でトラックレコードを記録した「919 Hybrid Evo」。PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE

この掟破りのクルマは、まずスパ・フランコルシャンに運ばれた。このベルギーのF1コースには、世界のモータースポーツで最も難しいと言われる伝説の高速コーナー「オー・ルージュ」がある。Evoはここで、レース仕様の919より12秒速い1分41秒77を叩き出した。1000分の1秒単位で勝敗が決まるスポーツにおいては途方もない進歩で、ルイス・ハミルトンが昨年に達成したサーキットレコードも0.783秒上回っている。

ベルギーのサーキット「スパ・フランコルシャン」でトラックレコードを記録したポルシェのチーム。PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE

ドライヴァーのニール・ジャニは、「暴力的なまでに印象的です」と語る。「これまでに運転してきたクルマでは間違いなく最速だし、グリップに関してはまったく別物だと言っていいでしょう。本当に想像もしていなかったレヴェルですね」

ル・マンを含む国際自動車連盟(FIA)の世界耐久選手権(WEC)では、ルールを無視していいのであれば、スピードを上げるためにできることはたくさんある。フロントウィンドウのワイパー、ヘッドライト、空調、電子制御装置、空気圧ジャッキといった余分なもの、合わせて86ポンド(36kg)相当を削ぎ落とすことで、Evoの車体重量は1,872ポンド(849.12kg)になった。

ベルギーのサーキット「スパ・フランコルシャン」でトラックレコードを記録した「919 Hybrid Evo」。PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
ベルギーのサーキット「スパ・フランコルシャン」でトラックレコードを記録した「919 Hybrid Evo」。PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ