産経ニュース

VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

 そして、メーカーからラブコールを受けていなかった数少ない注目スタートアップのひとつも、とうとう運命の相手を見つけたようである。

運命の相手、といっても実は相手は“ふたり”いる。ピッツバーグを拠点とするAurora Innovationは18年1月4日、自社の自動運転ソフトウェアを商業化するために、フォルクスワーゲンとヒュンダイ(現代自動車)の両社と契約を締結したと発表した。

 「自律走行技術を広く、安全に、早く届けることがわれわれの使命です。そのためには、グローバルなスケールをもつ提携相手をみつける必要がありました」と、Auroraの創業者で最高経営責任者(CEO)のクリス・アームソンは言う。

最大の魅力は創業メンバー

 17年に創業したAuroraは、自動車メーカーにとっては確実にいい提携相手だ。その主な理由は、創業者3人の輝かしい経歴にある。

アームソンはグーグルの自動運転プロジェクトの立ち上げメンバーのひとりであり、長い間技術リーダーも務めていた。スターリング・アンダーソンは、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者だ。ドリュー・バグネルは、Uberで自動運転技術開発チームを率いてきた(バグネルとアームソンは「DARPAグランド・チャレンジ」で、同じカーネギーメロン大学チームのメンバーだった)。

 Auroraの若さは、この経営幹部3人の実力によって補われているようである。自律走行車がいよいよ実現に近づいたいま、業界はさまざまな問題に直面している。

いかにセンサーのコストや消費電力を削減するか、どうやって規制当局や保険会社とやりあうか、避けられない衝突時にどう対応するか--。そして過去10年、こういった問題と向き合って進歩を見せてきたリーダーたちがいる企業は、リスク回避を望む自動車メーカーにとって魅力的なのだ。

 Auroraが比較的新しいこともメリットなのだと、アームソンは言う。ゼロからスタートを切ったことで、同社のエンジニアたちは始めから最新の機械学習技術を使った技術開発に臨むことができたのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」