産経ニュース

巨大な荷物かご付き自転車で3週間を過ごしたら、交通の「スマートな未来」が見えてきた

WIRED WIRED

記事詳細

更新


巨大な荷物かご付き自転車で3週間を過ごしたら、交通の「スマートな未来」が見えてきた

 太陽の光を浴びながらあたりを見物しつつ、気楽なライドを楽しんだ。積荷用ボックスに携帯用Bluetooth対応スピーカー(Ultimate Earsの「WONDERBOOM」)を取り付ければ、ツーリング中にレゲエサウンドも楽しめる。

 人目を引きやすいSupermarcheは、街で人気を集めた。ファーマーズマーケットでは、どの父親たちも写真を撮りたがり、子どもたちはボックスに乗りたがった。歩行者に対するちょっとしたイタズラは、何度やっても飽きることがなかった。スマートフォン片手に道路から首を突き出して、自分が呼んだクルマを探している人に近づいて、前部ボックスを指さしながら、「Uberを呼びましたか?」と声をかけるのだ。

 つまり、前部ボックスには大人も乗れる。乗客たちは快適な乗り心地を楽しんだ(わたしの妻が証人だ)。20インチのホイールに取り付けられた幅広タイヤのおかげで安定性がさらに高まるうえ、リムジンのように長い約2mのホイールベースによって、衝撃が抑えられ、走行が安定する。

 今回試した自転車には、従来型の24速ドライヴトレーンが搭載されており、坂道の多いサンフランシスコでも充分であることが証明された。電動アシストモーターのオプションも用意されているので、希望すれば朝の通勤をスピードアップしたり、坂の上にある学校に子どもを迅速に送ったりすることも可能だ。

自転車社会をめざそう

 Supermarcheの価格は2,599ドルからで、積荷用オプションは別料金になるため一般向けの商品とはいえない。しかし、都市環境に住む家族、あるいは現代的なサイクリング向けのインフラが整っている場所であれば、世界のどこに住む家族にとってもクルマに代わるスマートな手段となるだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 巨大な荷物かご付き自転車で3週間を過ごしたら、交通の「スマートな未来」が見えてきた