産経ニュース

ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する

ただし、すぐに変化が起きる可能性は低い。既存の契約が終了するまで待たなければならず、数年にわたる契約もあるからだ。保守的・共和党寄りのニュース局「FOXニュース」のファンには申し訳ないが、今回の買収がその放送網に影響を及ぼすことはないだろう(ついでに思い出してほしいのは、コンテンツを制作する会社がそのコンテンツを放送するとは限らないということだ。例えば、フォックスがNBCのために番組をつくることもある)。

ディズニー独自のストリーミングが無敵になる?

ただし、ディズニーは19年にストリーミングサーヴィスを立ち上げる計画だ。名前はまだ決まっていないが、マーベルとスター・ウォーズの映画は新シリーズを含め、そこで配信する予定だと発表している。これだけでも、ディズニーのストリーミングサーヴィスは比類のない力をもつが、ここにフォックスのコンテンツが加われば無敵に見える。

考えてみてほしい。もしディズニーが保有財産のすべてを配信したら、異常なほど大量のコンテンツになる。すでに膨大に存在する映画とテレビドラマに、フォックスの映画とテレビドラマが加わるのだ。しかもディズニーは、「Netflixより大幅に安い」月額料金でストリーミングサーヴィスを提供する予定だと公言している。

どのような巨大勢力がつくられようとしているかをもっと理解できるよう、ディズニーがフォックスから得るものを挙げてみたいと思う。『デッドプール』、『ウルヴァリン』を含むX-MENシリーズ、『アバター』、『猿の惑星』『エイリアン』『ダイ・ハード』などの大作シリーズ。『アイス・エイジ』『アルビンとチップマンクス』といった家族向けのシリーズもある。

それだけではない。『National Geographic Channel』の全番組に加え、『モダン・ファミリー』から『アメリカン・ホラー・ストーリー』、『フィラデルフィアは今日も晴れ』まで、おびただしい数のテレビ番組が名を連ねる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する