産経ニュース

ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)

ソフトバンクの資金で進化は止まらない?

しかし、現実にはアトラスや「Cassie(キャシー)」[日本語版記事](これは人間というより鳥のように歩く)のような、二足歩行ロボットが開発されている。わたしたちは人間に合うようにつくられた世界に住んでいる。だから人間のように歩くロボットを身の回りに置きたいような状況もあるだろう。

例えば、汚染された核施設を探索しなければならないときには、階段やはしごを上ってヴァルヴを回すようなロボットが欲しくなる。だからヒューマノイドの実現に向けた開発を進めるべきなのかもしれない。

その到達点があるとするなら、それがアトラスだ。何年も開発が進められるうちに、アトラスはバク宙ができるようになっただけでなく、より軽く、より機敏になり、顔から倒れることなどなくなった。倒れたとしても、いまでは自分で立ち上がることができるのだ。

だから将来、太った人間が行こうとしない場所にアトラスが行くようになることは、十分に予想できる。特にボストン・ダイナミクスが、使えるお金をふんだんに持っている日本の超巨大企業ソフトバンクに買収されたいま、そう考える理由は大いにある。

とはいえ、バク宙をするアトラスは最高峰の特別な存在である。ヒューマノイドは、やはりまだ苦労している。ひとつ苦手なのが、細かい動きをすること。これはヒューマノイドにとって、超えるのが難しい障害だ。よほど運がよくなければ、人間の手の動きを再現することは難しいだろう。

もうひとつの悪夢が、バランスをとらせたりするとすぐに尽きるバッテリーの寿命である。でも恐らく、ヒューマノイドはいつかわたしたちの生活に入り込んでくるだろう。少なくともオリンピックくらいには参加してくるに違いない。

RELATED

このニュースの写真

  • ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)