産経ニュース

火星を覆う美しい砂丘 しかし…その「砂」はどこから生まれるのか?

WIRED WIRED

記事詳細

更新


火星を覆う美しい砂丘 しかし…その「砂」はどこから生まれるのか?

130mを超える青黒い砂丘と、周りに広がる10m程のベージュ色の波紋。この独特の青色は、玄武岩質の砂によるものだとされる。米航空宇宙局(NASA)の「マーズ・リコネイサンス・オービター(MRO)」によって撮影された。PHOTO COURTESY OF NASA/JPL-Caltech/Univ. of Arizona

風に吹かれて

上記ギャラリーの1枚目の画像に写るのは、風によって形成された2つのタイプの地形だ。1つは、上部にある大きめの青黒い砂丘だ。火山岩の一種である「玄武岩」が風化してできた砂が積もったとされ、 高さは130mを超える。そして2つ目は、「横風の峰(transverse aeolian ridges:TARs)」と呼ばれる、明るめの色を帯びた波紋だ。TARsは高さ10mほどで、どのように形成されたかは分かっていない。画像は、米航空宇宙局(NASA)の「マーズ・リコネイサンス・オービター(MRO)」によって撮影された。

2枚目は、同じくMROによって撮影された直径2.5kmのクレーターの画像。普段見かける丸いクレーターとは違い、ゴツゴツとした形状が特徴的だ。この地域は火星の赤道付近にあるエリシウム平原の一部で、火山活動の影響を受けている。この画像のクレーターの奇抜な外見も、おそらく溶岩が流れ込んだことが原因だろう。でこぼこの間やクレーターの縁には、風によって侵食されてできた模様も確認できる。

さらに、位置が移動している砂丘も確認された。上記ギャラリー3枚目の画像に写るのは、NASAの火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」によって撮影された、火星のニリ・パテラ砂丘地域の一部だ。15年間にわたる観測の結果、この地域の砂丘は風に吹かれて移動していることがわかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 火星を覆う美しい砂丘 しかし…その「砂」はどこから生まれるのか?
  • 火星を覆う美しい砂丘 しかし…その「砂」はどこから生まれるのか?
  • 火星を覆う美しい砂丘 しかし…その「砂」はどこから生まれるのか?
  • 火星を覆う美しい砂丘 しかし…その「砂」はどこから生まれるのか?