産経ニュース

VRが人種差別を解決する可能性…「アヴァターを得ることで自分とは似ても似つかない人になれる」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


VRが人種差別を解決する可能性…「アヴァターを得ることで自分とは似ても似つかない人になれる」

このプロジェクトは、2015年にパリのニュイ・ブランシュでも行われた。「このときはパリがテロに遭う前、つまりパリが共感を渇望する前でした。それでも懸念や懐疑主義といったすべてのものを、VRによって回避することができたのです」。小規模ながらVRの影響力を知ったイヴァノヴィッチは、「進化する科学技術が、最も差し迫った問題のひとつ、人種的偏見にわたしたちが対処できる瞬間を目の当たりにしました」と語る。

彼女のプロジェクトは、バルセロナ大学のメル・スレーターによる潜在的な人種差別に関する研究を基にしている。スレーターの研究ではすでに、VRが偏見の意識を弱めることができることが実証されているのだ。彼の研究は、白人女性に没入型VRテストを施し、黒い肌をもつアヴァターを与えるというものだった。「その視点から物事を見ることによって、彼女たちの偏見は顕著に弱まりました」とイヴァノヴィッチは言う。

「現実世界においては、わたしたちは自分の身体を通じて与えられた偏見を通して意見を形成しています。しかしVRでは多種多様なアヴァターを得ることによって、自分とは似ても似つかない人になれるのです。VRはわたしたちの心の制約から、わたしたちの体を解き放つことができるのです」

イヴァノヴィッチは、アートの世界から現実世界に自分のプロジェクトを取り入れるべきときだと決心した。その力を最も必要としている人々を考えたとき、アメリカの警察官が明確な対象だと彼女は思った。アメリカでは、アフリカ系アメリカ人が警察に撃たれる確率は、白人よりも7倍高いという痛ましい事実が存在しているからだ。

「あらゆるヘイトクライムの約半分は、アメリカの人種問題に関連しています。共感へのギャップが存在するところに、警官の残忍な行為が生まれるのです」。イヴァノヴィッチはこの技術を展開するパイロットプロジェクトで、ロス市警と協同することになっている。

「VRは、わたしたちだけでは伝えることができないことを、伝えることができます。そしてVRは、共感を生み出すことを助け、それを広めることができるのです」

このニュースの写真

  • VRが人種差別を解決する可能性…「アヴァターを得ることで自分とは似ても似つかない人になれる」

WIRED関連ニュース