産経ニュース

「世界一安全」なスマホ、お値段なんと150万円 その“鉄壁”のスペックとは

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「世界一安全」なスマホ、お値段なんと150万円 その“鉄壁”のスペックとは

Sirin Labsは、モバイルでの通話やメッセージ送受信のセキュリティー対策を専門とするKoolSpan社と提携して、「256 bit AES」による暗号化をチップ間で実現している。世界各国の軍が通信を保護するのに用いている技術だ。さらに、デヴァイスやネットワーク、アプリケーションをベースとしたいかなるモバイルサイバー攻撃をも防ぐとされる、Zimperium社の「Mobile Threat Protection」も使われている。

本体背面にある「セキュリティースイッチ」を押すことで、保護が有効になる。ボタンが押されるとSolarinはシールドモードに入り、完全に暗号化された通話やメッセージ送信が可能となる。

Solarinは今後、暗号化に焦点を絞ったSilent Circle社の「Blackphone」や「GranitePhone」、「BlackBerry」シリーズの各製品、サムソンのモバイルセキュリティー用ソフトウェア「KNOX」などと競争していくこととなる。

セキュリティー以外の面では、「X10」 LTEモデムチップセット内蔵のクアルコム製プロセッサー「Snapdragon810」を搭載。Wi-Fiにも対応。LTEと互換性のある24バンドをサポートしているので、「グローバルフォン」になりうる。さらに、802.11acで2×2対応の「MU-MIMO」(Multi User Multi-Input Multi-Output:複数のアンテナと複数の搬送波を用い、複数のデータ送受信を同時に行なうことで高速化する技術)を利用することで、普通のスマートフォンの3倍の帯域幅を利用できる。4.6Gbpsでのデータ転送が可能な「WiGig」(60GHz帯の無線通信規格)もある。

このニュースの写真

  • 「世界一安全」なスマホ、お値段なんと150万円 その“鉄壁”のスペックとは

WIRED関連ニュース