産経ニュース

雪山を時速250kmで疾走「世界最速のソリ」 開発にトヨタ・モータースポーツが協力

WIRED WIRED

記事詳細

更新


雪山を時速250kmで疾走「世界最速のソリ」 開発にトヨタ・モータースポーツが協力

Snowspeedのチームマネジャーであるジョーン・マディスリンは、「スピードスキーはすでに時速250kmを上回っており、現在の記録保持者であるシモーネ・オリゴンが2014年に時速252.45kmを達成しました。われわれのソリは、スキーヤーより重くエアロダイナミクスにおいても性能が上回っているため、もっと高速化できると確信しています」と語っている。

TMGの風洞を使った初期テストで、Snowspeedの現行デザインは後部の安定性がもう少し必要であることが明らかになった。これから1年、チームはその調整に注力することになる。Snowspeedのデザイナーであるニーマ・シャヒニアンは、「これから数週間、デザインをさらに向上させます。それから数カ月でソリを完成させ、2017年のスピード世界記録挑戦に向けて準備することを目指しています」と話している。

なお、TMGによる1,000馬力の「TS040 HYBRID」は、2014年のFIA世界耐久選手権マニュファクチャラーズタイトルで王冠を獲得したが、残念ながら2015年は第3位に甘んじることになった。ラップタイムは前年から2秒縮めたが、アウディとポルシェがそれを上回ったのだ。TMGは2016年のWECに向けて「TS050」を新たに開発中だ。

関連記事:57歳のグーグル幹部、スカイダイヴィング世界記録更新した瞬間(動画あり)

このニュースの写真

  • 雪山を時速250kmで疾走「世界最速のソリ」 開発にトヨタ・モータースポーツが協力

WIRED関連ニュース