産経ニュース

あと5~10年で地球は極寒に? 最新の太陽研究が予測

WIRED WIRED

記事詳細

更新


あと5~10年で地球は極寒に? 最新の太陽研究が予測

 太陽の活動周期に関する新しい数学モデルによると、17世紀に起きたマウンダー極小期と「小氷期(ミニ氷河期)」が、あと15年ほどで再び訪れる可能性があるという。

地球は2030年代に 「小氷期」(ミニ氷河期、Little Ice Age, LIA)に入る可能性があるらしい。

この予測は、英国のノーザンブリア大学が開発した、太陽の活動周期の新しい数学モデルが示したものだ。この計算によると、2030年代には太陽活動が60パーセント低下し、地球の温度が急激に低下するという。

小氷期とは14世紀ころから19世紀半ばにかけて続いた寒冷な期間のことだ。火山噴火などの影響もあると考えられているが、最も厳しい寒さが続いた期間は、太陽の黒点の数が著しく減少した、1645~1715年の「マウンダー極小期」と一致している。

このニュースの写真

  • あと5~10年で地球は極寒に? 最新の太陽研究が予測

WIRED関連ニュース