産経ニュース

CERNの大型ハドロン衝突型加速器に頭を突っ込んだら何が起こるか?

WIRED WIRED

記事詳細

更新


CERNの大型ハドロン衝突型加速器に頭を突っ込んだら何が起こるか?

 CERNの加速器LHCが稼働している間に、中に人がいたらどんなことが起こるか。アドヴァイスはひとつ。決して試してはいけない。

 おそらくこの瞬間、ジュネーヴのCERNの実験施設では、ケーブルとコンピューターと巨大な磁石の間で、いまでもまだ拍手と笑い声と、祝福の声が残響していることだろう。

 LHC(Large Hadron Collider:大型ハドロン衝突型加速器)の科学者たちは、ピーター・ヒッグスとフランソワ・アングレールが、ヒッグス粒子の存在を理論的に予想したことによってノーベル物理学賞を受賞したことを祝福している(ただしヒッグスは、単にH粒子と呼ぶのを好むとわたしたちに告白した)。ところで、もし誰か脳天気な人が酔っぱらって稼働中の加速器の中を覗いたら、何が起こるだろうか?

 そんな無謀な人が本当にいると仮定して、この疑問に答えてみよう。LHC内部を走るビームは、320兆の複合粒子で構成されている。そして、「PopSci」の説明によると、全部で約362メガジュールものエネルギーをもっていて、「500kgの銅を溶かすのに十分」のパワーだという。しかし加速器の中に入ることは、もし死のうと決意をしているとしても、不可能ではないにしても簡単ではないようだ。CERNの物理学者、スティーヴン・ゴールドファーブは語る。「LHCへの入り口のドアのどれかを開こうと試みた人なら、何が起こるかわかっています。加速器は、もし稼働中なら自動的に停止します」。

WIRED関連ニュース