産経ニュース

運動すると不安が鎮まる スポーツが脳に与える影響とは?

WIRED WIRED

記事詳細

更新


運動すると不安が鎮まる スポーツが脳に与える影響とは?

運動によりマウスの海馬は長期的に変化する

 「要するに、トレーニングをしているマウスの海馬は、運動不足のマウスの海馬と比べて大きく異なっていました」と、研究の著者のひとり、エリザベス・グールドは『ニューヨーク・タイムズ』に説明した。

 「ニューロンがより活発で、シナプスの数がより多いことが観察されるだけでなく、興奮しすぎたときに脳のプロセスにブレーキをかける『反応抑制剤』のニューロンも増えています」。

 このため運動をするマウスは、脳がより活発であると同時に、よりリラックスしていられるのだ。

 注意すべき重要な点は、スポーツのもたらす有益な効果は長期間続くことだ。「運動用の車輪を冷水浴の24時間前に止めてみました。運動をするグループのマウスたちは、新たに身体運動を行って効果を引き出すことはできませんでしたが、すでにそれまでに行った運動で十分であることがわかりました。彼らの反応の違いは、脳の構造にのみに起因していて、すでにほかのマウスとは異なるものになっていたのです」。

 もちろん人間とマウスの脳は同じではないが、人間に対して行われたほかの研究も、運動はストレスを解消することを明らかにした(ただしさまざまなニューロンが活性化するかどうかははっきりしない)。「この新しい研究がわたしたちに告げているのは、スポーツをしているかどうかによって、脳の細胞の組成が変化するということです」。

WIRED関連ニュース