栄光のレースカーと先端技術を融合 メルセデスが新コンセプトモデル「銀の矢」を披露 - 産経ニュース

栄光のレースカーと先端技術を融合 メルセデスが新コンセプトモデル「銀の矢」を披露

 1930年代に栄冠を勝ち取ったレースカーのデザインと最新技術を融合したら、いったいどんなクルマになるのか--。メルセデス・ベンツが発表した電気自動車(EV)のコンセプトモデル「Vision EQ Silver Arrow」は、同社による実験的な試みの成果といえる。その美しい姿とハイテク機能の数々を、写真で紹介しよう。
PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
1930年代のグランプリレースカーを運転するのは、さぞかし至福だろう。しかし、街なかを移動するうえで最高に快適な手段というわけではない。まず、屋根がない。エンジンはうるさいし、(推測だが)臭いもひどい。シートには、この100年のエルゴノミクス研究の恩恵がもたらされていない。
21世紀の快適さは好きだが、戦前の魅力には抗いがたい--。そんな人にメルセデス・ベンツから朗報だ。8月下旬に開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス 2018」で、当時のクルマの雰囲気とハイテクをミックスしたコンセプトカー「Vision EQ Silver Arrow(シルヴァー・アロー)」を披露した。
シルヴァー・アロー(銀の矢)という名称のルーツは、1934年にさかのぼる。当時のメルセデスは、あるレースに重量制限を1kg超えたクルマをもち込み、このままでは失格という事態になってしまった。そこで重量を落とすために「W 25」の白い塗装をはがしたところ、下からピカピカのアルミニウムの車体が姿を見せた。メルセデスはこのレースに勝利し、そこからシルヴァー・アローという通称が使われるようになった。
PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
■過去のレースカーへのオマージュ
今回の新しいコンセプトカーは、37年の「W 125」へのオマージュだ。メルセデスのドライヴァーであるルドルフ・カラツィオラはその年、このクルマで欧州チャンピオンシップを勝ちとった(現代の「フォーミュラ1」レースの前身にあたるレースだ)。
古いレースカーがそうであったように、EQシルヴァー・アローは1人乗りだ。シートは車体の中心にあり、車体は全長17フィート(約5.2m)強、高さは約3フィート(約0.9m)。2018年らしく車体はカーボンファイバー製だが、アルミニウムに見えるように塗装されている。
ホイールは軽量のアルミスポーク168本から構成され、こちらはローズゴールドに塗装されている。ハブキャップは非回転式で、メルセデス・ベンツのエンブレムであるスリーポインテッド・スターが回転によって見えなくなることはない。
スリーポインテッド・スターは、ピレリ製タイヤの接地面にもあるほか、シートにも縫い付けてある。上質な皮、アルミニウム、ウォルナット、そして外装に合わせたグレーのスエードに囲まれても、このロゴは埋もれない。
ほかにユーザーを守る機能として、4点ハーネスのシートベルト(確かに安全ではある)と「エアスカーフ」システムを備えている。ドライヴァーがスカーフをペントハウスに忘れても、暖かい空気で首筋を温めて、クルマを走らせる意欲を高めてくれるのだ。
PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
■コックピットは未来的
しかし、本当に未来的なのは駆動系だ。W 125に搭載されていた排気量5.6リッターの8気筒エンジンに代わって、80kWhのバッテリーとモーターから750馬力相当というとてつもないパワーを生み出す。フル充電からの走行可能距離は、250マイル(約400km)だ。
電気自動車(EV)ならではのパワーはいいが、エンジンの音がないのは寂しいという人もいるだろう。そんな人には、メルセデスAMGのV8エンジンやメルセデスのF1カーを模した(おそらくは豪華な)サウンドシステムがある。
ドライヴァーシートからの眺めの大部分は、車体の周辺状況の3D画像を見られるパノラマスクリーンに取り込まれる。挑戦を受けたい場合は、この画面に“ゴースト”の競争相手を表示する。拡張現実(AR)によって競争相手を得ることができるのだ。「ヴァーチャルなレースコーチ」もいて、あなたが負けないようにコツを教えてくれる。
PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
もちろん、これらはアイデアにすぎない。EQシルヴァー・アローはコンセプトカーであり、メルセデスが実際に開発するものではない。
しかし、運転をロボットに譲り渡す競争が頻繁に報じられるこの時代に、人間の力によるレースの絶頂期に立ち返るのは楽しいものだ。しかも、首が冷えることもない。
RELATED