自動小銃で有名なロシアのカラシニコフがEVのコンセプトモデル発表 レトロなデザインも…中身は「スーパーカー並み」

 

 自動小銃「AK-47」で有名なロシアのカラシニコフが、電気自動車(EV)のコンセプトモデルを発表した。レトロなデザインの中身は「スーパーカー並み」だというが、果たして実現可能性はあるのか。同時に発表した電動バイクや小型EV、アラブ首長国連邦(UAE)との覚書などを見るに、どうやらカラシニコフは“本気”のようだ。

カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

カラシニコフと聞いて多くの人が思い浮かべるのは、ロシアの自動小銃「AK-47」だろう。ミハイル・カラシニコフが1940年代に設計したAK-47は、シンプルさと実用性ゆえに旧ソビエト連邦軍から旧東側の国へと急速に普及した。基本設計から半世紀以上を経たいまも、世界中の反政府勢力やテロリスト、麻薬密売人、ギャングなどに使われている。

その自動小銃で有名なロシアのメーカーであるカラシニコフが、なぜか電気自動車(EV)や電動バイクなどを立て続けに発表した。ロシアで開催された軍事見本市「Army 2018」で8月24日、同社はEVのコンセプトモデル「CV-1」などを初めて披露している。

カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。ハッチバックスタイルなのがわかる。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP
カラシニコフによる電気自動車のコンセプトモデル「CV-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

CV-1のコンセプトモデルは淡いブルーのレトロなデザインで、旧ソ連時代の70年代に開発されたコンパクトカーをモチーフにしたという。一方で、カラシニコフは「スーパーカー」であることを謳う。同社によると、時速 100kmまでの加速は6秒で、1回の充電で走行可能な距離は最長350kmに達するという。

また、このEVは独自設計のシステムを搭載しており、バッテリーやモーターなど全体をコントロールするのだという。ただし、価格や発売時期については、現時点で明らかになっていない。

カラシニコフが発表した軍事用の電動バイク「SM-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

そして電動バイクは、一般向けの「UM-1」と、軍事用の「SM-1」が発表された。同社によると、UM-1の最高時速は100kmで、モーターの出力は15kW。リチウムイオンバッテリーとリチウムリン酸鉄バッテリーを搭載しており、走行可能距離は150kmだという。なお、モデル名の「UM」は「Urban Moto」の略だ。

軍事用の「SM-1」は最高時速が90kmで、走行可能距離は150km。バッテリーの種類は一般向けと同じようだが、水冷式のモーターを採用しているという。SM-1はロシア国防省に納品される見通しだ。このほか、カラシニコフはバギータイプのEV「UV-4」なども発表している。

カラシニコフが発表した軍事用の電動バイク「SM-1」。PHOTOGRAPH COURTESY OF KALASHNIKOV GROUP

■中東への輸出が足がかりに?

カラシニコフはサッカーW杯が開かれた今年7月、モスクワ市の交通・道路インフラ発展局に電動バイク「Pulsar」を30台と、4台のEV「Ovum」を納入している。また、軍用車などの開発も手がけている。つまり、自動車やバイク、それらの電動化については、まったく経験がゼロというわけではない。また、2017年9月には「空飛ぶクルマ」の開発を公表するなど、モビリティ分野を新たな事業の柱にしようとの狙いが透けて見える。

今回の軍事見本市でカラシニコフは、アラブ首長国連邦(UAE)の投資会社であるMawarid HoldingとUAEとの3者で覚書を結び、UAEに電動バイクとEVを供給していくことを発表している。オイルマネーという後ろ盾を得たカラシニコフは、どこまでモビリティ企業として通用する存在になれるのか。まずはUAEとの取り組みが試金石になることだろう。