「昆虫食」だけで2週間を過ごしてみた

実録

 いまや有名レストランや球場のメニューにも登場している「食用昆虫」。そうはいっても、虫を食べることに抵抗感をもつ人はまだ多い。そのひとりである『WIRED』US版ライターが、なんと昆虫食だけで2週間を過ごした。昆虫食にトラウマのあった筆者が、2週間で3食すべて昆虫を食べられるようになった理由とは?

PHOTOGRAPH BY AARON TILLEY

ある日、シカゴの自宅の玄関に「昆虫」たちが群れをなしてやってきた。コオロギ、バッタ、イナゴ、ミールワーム、アリ……。みんな到着時には死んでいて、ジッパー付きの袋やガラス瓶に葬られている。

最近までわたしのアパートの部屋は虫に占拠されていた。でも間もなく、わたしの食事もまた虫たちに占領されることになるだろう。

わたしが昆虫の乾物や虫ベースのチップス、グラノーラ、プロテインバーなどの侵入を許したのは、大義のためだ。

食用昆虫--米国食産業の急成長分野と謳われ、マーケットリサーチャーのなかには2023年までに市場規模が1.26億ドル(約139億円)になると予想する人もいる。差し迫る世界規模の食糧難への解決策としても、たびたび提案されている。

有名レストランや球場のメニューにも「虫」

世界では20億人が1,900種類以上の食用昆虫を食べているという。しかし、それが欧米にやってきたのは2000年代後半のことだ。広めたのは、世界の終わりに備える「プレッパーズ」と呼ばれる人々や、人工物をとらないハードコアなパレオダイエットの実践者、プロテインを溜め込んだ体力勝負のアスリートといった、一部のアーリーアダプターたちである。

いまでは、コペンハーゲンの「Noma」、サンパウロの「D.O.M.」、シカゴの「Mi Tocaya Antojer?a」といった有名レストランもメニューに虫を取り入れている。

また、シアトルマリナーズの試合では観戦メニューにバッタの素揚げが加わり、先シーズンは3試合で合計約18,000匹のバッタが食されたという。あまりに人気が出たため、販売数に制限がかかったほどだ。

さらに、全米最大のスーパーマーケットチェーンのクローガーは、最近コオロギの粉末を原料としたチップス「Chirps」の販売契約を結んでいる。

ゲテモノからビジネスチャンスへ

いまや昆虫食は「Fear Factor」[編註:挑戦者がゲテモノ食いやスタントといった3つのゲームに挑み賞金を争奪する米国のテレビ番組]に登場する奇妙なものから、ビジネスチャンスへと進化した。

米国の食用昆虫企業最大手のアスパイア・フード・グループは、現在までに1,800万ドルを調達している。18年3月にはコオロギプロテインバーを製造しているExoも買収し、食用昆虫のメガブランドへと成長中だ。

アリエル・ザッカーバーグ(マーク・ザッカーバーグの妹)は、これまでに少なくとも2社の昆虫食スタートアップに投資を行っている。コオロギ養殖を手がけるカリフォリニア州サンレアンドロのTiny Farmsと、コオロギ製品を製造しているサンフランシスコのBitty Foodsだ。

また「Shark Tank」[編註:起業家が投資家の前でピッチをして投資を募る番組。「マネーの虎」の米国版]では、実業家のマーク・キューバンがChapulのコオロギプロテインバーに50,000ドル、Chirpsのコオロギチップスに10万ドルの出資を申し出ている。

最大のハードル「不快感」

というわけで、わたしは2週間のあいだ肉を食べるのを控え、代わりに虫由来のタンパク質が豊富な食事をとる決意をした。

わたしの栄養分たちは、オースティンやソルトレイクシティ、サンフランシスコ、ニューヨーク、デンヴァーなど各地を拠点とする10近い専門店から送られてきた。わたしはそれらを緑のトートバックに保管することにした。妻はそのトートを「Bug Bag(虫バッグ)」と呼んでいる。

こうして完成した虫の宝庫を眺めていたら、気分が悪くなった。食用昆虫市場は拡大する一方で、虫のどか食いのメインストリーム化にはひとつ大きなハードルがある。不快要素だ。

わたしの過去唯一の昆虫食体験は、トラウマになった。20代のころ、馬鹿げた遊園地のプロモーションのために生きたマダガスカルゴキブリをやっとの思いで飲み込んだのだ。

「虫シェフ」からの助言

指南を受けるため、わたしは「虫シェフ」のデイヴィッド・ジョージ・ゴードンに連絡した(彼が1998年に出版した『Eat-A-Bug』は、この流行を予感させるものだった)。

ゴードンの助言は、普段食べ慣れている物から始めろというものだった。たとえば、ミールワームの天ぷらなどだ。これはチートスのような食感と見た目をしている。バッタやイナゴを丸ごと食べるのは、そのあとだ。

ゴードンの「ゆっくり始めろ」という助言に従い、わたしは粉末コオロギの袋を開けた。原料であるコオロギは致死温度で凍結され、洗浄され、ローストされ、グラノーラからパスタまでどんなものにでも混ぜられるよう細かい粉末状になっている。

わたしはスプーン1杯をバナナスムージーに混ぜ、目を閉じ、一口飲んだ。驚くことに、いつものシェイクとの違いは、ほのかな土っぽさのある心地よい風味だけだった。

これに勇気づけられたわたしは、Chapulのコオロギプロテインバーにも挑戦した。ココナッツジンジャーやピーナッツバター・チョコレートといった味のついたこのバーは、エネルギーバーの「CLIF BAR」よりもおいしかった。

わたしはさらに自信をつけ、AkettaのテキサスBBQ味の揚げコオロギを掌に出してみた。ソースまみれの体とビーズのような目を長いことみつめたあとで、頭をつまんで口のなかに放り込む。揚げとうもろこしのような味がした。

改善された嘔吐反射と、怒る妻

第1週が終わるころには、快適なルーティーンが完成していた。

ギリシャヨーグルトにはコオロギ由来のグラノーラを振りかけ、おやつにはナッツ・チョコチップ風味のコオロギを食した。夜にはオアハカアドボ味のバッタとミールワームの炒めものをつくった。バッタのおかげで、スモーキーな辛さとカリッとした歯ごたえがある。サラダにはクロアリを積み上げ、ピザにものせて食べた。唐辛子フレークをふりかけるのと同じようにだ。

わたしの嘔吐反射は確実に改善されていた。それと同時に、わたしは在宅勤務という環境にも感謝していた。

自宅には、わたしの食事を見て吐き気を催すであろう他人の目がない。フムスとイナゴの乾物をのせた餅は食べごたえのある昼食になるが、見た目的には悪夢である。

ある晩、妻はとうとう怒りを爆発させた。料理中の妻の横で昆虫を炒めるわたしを見て、妻は吐き気がすると打ち明けたのだった。

研究所由来の培養肉と、天然由来の虫

わたしはネットで助言を探すことにした。

掲示板の昆虫食スレッドでは、ユーザーがレシピを投稿したり、自宅での昆虫養殖のジレンマを相談したりしている。ポッドキャストの「Ento Nation」では、「Cricket Man」という昆虫農家が虫シェフや昆虫食界の起業家たちにインタヴューを行っていた。TwitterやInstagramで「#entomophagy」(#昆虫食)と検索すると、昆虫食の伝道師たちが生んだ輝かしいサブカルチャーが感じられた。

2週間の挑戦の最後で、わたしは粉末コオロギのパンケーキを手早く焼いた。それを食べている途中で、わたしは当初の不快感をバカバカしく感じたのだった。

もしわたしたちが、研究所産の培養肉や「血が滴る」植物由来のバーガーを食べたいと思うのなら、天然由来の虫を食べるのもそれほど難しいことではないのかもしれない。

ここで頭に浮かんだ統計がこれだ--。豚1kgの養殖で出る温室効果ガスは、ミールワーム1kgの養殖で出るそれの100倍である。この数字(と、巧妙なレシピ)のおかげで、虫を飲み込むのはぐんと楽になった。