【動画】未来のバイクは、横滑りを「ジェット噴射」で防ぐ - 産経ニュース

【動画】未来のバイクは、横滑りを「ジェット噴射」で防ぐ

オートバイが横滑りする瞬間にガスをジェット噴射させ、姿勢を一気に立て直す--。そんな技術の開発をボッシュが進めている。このほかにも自動車に使われるレーダーの応用、5G通信によってライダーに路上の危険を事前に知らせるなど、バイクをもっと安全にする取り組みが急ピッチで進められている。
TEXT BY LEON POULTNEY
TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO
WIRED(UK)
横滑りしそうな瞬間にガスを噴出させて、その勢いで姿勢を立て直す--。ボッシュはオートバイのバランスをとる安定制御機能を試作車に装備し、デモンストレーションを実施した。PHOTOGRAPH COURTESY OF BOSCH
見通しのよい道路をオートバイで走るという青春時代の夢の多くは、子どもを守ろうとする親たちによって潰されてきた。親たちは、バイクを「死を招く落とし穴」と思わせる、交通安全上のデータを繰り返し引用したのだ。
ただし、人生における多くのことがらと同様に、大人たちの言うことは正しい。英国の一部の地域では、交通事故は全体的には低下傾向にあるにもかかわらず、オートバイに乗る人々が重傷を負う件数は年々増加している。
そのような地域のひとつがロンドンだ。2011年から16年の5年間で見ると、自動車の運転で死亡した人は47パーセント減少したが、同時期にバイクで死亡した人は13パーセント増加している。
ボッシュの本拠地であるドイツでも、交通事故で死亡する危険性は、二輪車に乗っているほうが自動車と比べて最大で20倍も高くなっている。ドイツの連邦統計局が発表したデータによると、17年のバイクによる死亡事故件数は9パーセント増加した。
ボッシュの二輪車・パワースポーツ事業部門を率いるジェフ・リアシュは、「将来のオートバイは、自ら見て、感じることができるものになる必要があります」と語る。「事故の件数を減らす鍵になるのは、オートバイに乗る人を、道路を利用するほかの人々の目につきやすいようにすることです。そのための方法のひとつが、オートバイとクルマが互いに“会話”できるようにすることなのです」
そのためにボッシュは、オートトークス、コーダ・ワイヤレス、ドゥカティ、KTM、BMWなどの企業と連携して、企業横断的な安全装置を試作する取り組みを進めている。既存の技術を利用しつつ、二輪車ライフを向上させるための将来の革新にも目を向けたものだ。
ボッシュのオートバイ部門の主任技術者のひとりであるフェヴズィ・ユルドゥルムは、「2010年には初の二輪車用ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を導入しました」と説明する。
「その3年後には、オートバイ専用の安定制御装置と摩擦制御を導入しました。現在はアダプティヴ・ダンパーシステムの組み込みと制御の検討を始めています。これらは受動的な装置ですが、危険な状況をあらかじめ完全に回避することによって、さらに先進的な対応が可能です」
姿勢を立て直すためにガスを噴出
ボッシュは、野心的な取り組みのひとつとして、「解決できない問題」に対する安全な解決策を見つけようと試みている。
「オートバイを制御できなくなる状況はいまでも存在します。それは油などで滑りやすくなっている路面を思いがけず踏んでしまった場合です」とユルドゥルムは言う。「このような状況では、タイヤにかかる横力が路上のバイクの姿勢を維持できなくなり、横滑りやハイサイド・クラッシュ(タイヤが横方向に滑ったあとで急激にグリップが回復して車体が起き上がり転倒すること)が起こります」
「バイクが“コネクテッド”になって路上の危険がライダーに警告される時代になれば、こうした状況に対処する必要はなくなります。けれども、いまできることは何かを考えなければなりません」と、ユルドゥルムは言う。
そこでボッシュがたどりついたのが、現行のセンサー技術を利用してタイヤの横滑りを検知する「横滑り緩和プロジェクト」である。
このアイデアは、横力が一定値を超えると車載コンピューターによってバイクの反対側からガスが噴出され、強力な逆向きの推進力を生み出してバイクを直立状態に戻すというアイデアだ。ボッシュはすでにコンセプトモデルを作成している。
「われわれは、この技術が機能することを証明する大量のシミュレーションをコンピューターで実施しましたが、それだけでは十分ではありませんでした。そこで現実のバイクで証明したところ、アクチュエーターを使うこの技術が実走行でも通用することがわかりました」と、ユルドゥルムは説明する。「最初の試作品は市販のバイクに搭載するには重すぎるうえ、シャシーに多くの変更を加える必要があります。それでも、きちんと機能することが実証できました」
VIDEO COURTESY OF WIRED UK
現時点ではボッシュの研究プロジェクトにすぎないが、安全に関するこのような革新的な工夫が変化をもたらす可能性があることは、同社も認識している。「インドでは年間5万人近くがバイクで死亡していますが、インド政府が排気量250cc以上のバイクにABSを標準装備することを法律で義務化したことにより、この数字は25~30パーセント減ることを期待しています」と、ユルドゥルムは言う。
二輪に特化したレーダーの開発も
ボッシュが自動車で取り組んでいる革新的な工夫の多くが、二輪車の世界にもゆっくりと浸透しつつある。ユルドゥルムが言うように、自動車部門でセンサーが広範にわたって採用されたことによる「規模の経済」のおかげで、その技術はバイクメーカーにも利用しやすいものになった。
「すでにBMWのスクーターには超音波センサーが取り付けられ、乗り手の死角にある車両を警告するようになっています。このようなセンサーやレーダーの技術が今後のモデルにさらに採用されるのを見るのが楽しみです」と、ユルドゥルムは期待する。
ボッシュのレーダーセンサーは、厳しい天候にさらされる二輪車走行に向けて改良されたものだ。このためアダプティヴ・クルーズ・コントロール(ACC)機能や前方衝突警告システムの搭載に役立つ可能性があると、同社の技術者たちは確信している。
「オートバイ向けの包括的な高度安全装置に取り組んで約10年になりますが、次の10年には、この分野でさらに多くの革新が見られると確信しています」とユルドゥルムは言う。「将来のオートバイでの死亡数をゼロにすることがわたしたちの使命です。それは可能だと思っています」
こうした考えには、いくつかの大手オートバイメーカーも同調している。KTMは最近になって、ACCと死角検知のテストをすでに開始していることを発表。ドゥカティは、20年に発売する一部の量産モデルに、高度なレーダー支援システムを搭載すると宣言している。
バイクも“コネクテッド”になる
自動車メーカーの多くは、5Gネットワークを利用できる日が来るのを待ち望んでいる。自社のクルマ(特に高度な自律走行を売り物とするクルマ)が、大量のデータを記録的な速さで処理できるようになると考えているからだ。
この件をめぐる大きな話題のひとつが、車両同士、または車両と何かほかのものとの通信だ。これによって将来は、コネクテッドカー同士が互いの周囲の状況や、迫っている危険について情報を共有できるようになる。
この技術を利用すれば、オートバイの存在が認識されやすくなる。このため、オートバイをより安全な乗り物にする好機になると、ユルドゥルムのチームは考えている。
Wi-Fiをベースとした「ITS-G5」規格のネットワークを利用した試験システムでは、自動車とオートバイとの間でデータが数ミリ秒以下で送受信されることが確認されている。つまり、道路を利用する両者が、事前の警告信号をカーナビの画面やハンドルバーに取り付けた画面で受信できることになる。
「オートバイ分野におけるより高度なマン・マシン・インターフェースには、すでに膨大な人的リソースが投入されています。インターネット常時接続システムのなかには、すでに緊急通報が可能なものもあります」と、ユルドゥルムは説明する。「オートバイが周囲の環境からの情報を常に受信し、進行方向の道路で問題がある場合にはライダーに警告してくれる。そんな日は、目前まで来ているのです」
RELATEDキアヌ・リーヴス、開発を手がけた「超高級モーターサイクル」3機種を発表--その意気込みと開発の舞台裏