水没の危機にあるヴェネツィアを巨大な「壁」は洪水から本当に救えるのか? - 産経ニュース

水没の危機にあるヴェネツィアを巨大な「壁」は洪水から本当に救えるのか?

 水の都として知られるヴェネツィアは、長らく高潮や洪水と戦い続けてきた。その決定打とされているのが、「MOSE(モーゼ)」と呼ばれる防潮堤の建設プロジェクトである。だが実際のところ、温暖化による海面上昇は止まりそうにない。完成が遅れに遅れているMOSEは、果たして意味をなすのか。プロジェクトに賭けるエンジニアたちの取り組みを追った。
PHOTO: GIORGIO SCHIRATO/GETTY IMAGES
中世にヴェネツィアにつくられた造船所であり、いまは礼拝所として使われている「アルセナーレ・ディ・ヴェネツィア」。晩冬の曇ったある日、そこは21世紀的な活動によってざわついていた。エンジニアたちがヴェネツィアの干潟(ラグーナ)の状態を示す表や地図、グラフを示した画面に見入っていたのである。
これが「MOSE(モーゼ)コントロールセンター」だ。世界で最も美しい都市のひとつであるヴェネツィアを、恐ろしい洪水から守るメガプロジェクトの中枢である。約7年間にわたってエンジニアたちは、ここで仮想の「扉」を上下させ、高度な予測モデルへと役立てる一連のデータを収集してきた。
数十の島々に張り巡らされた運河と橋によって「水上都市」として知られているヴェネツィアは、何世紀にもわたって浸水の問題に取り組んできた。しかし、地盤沈下や地球温暖化によって引き起こされるより大規模な高潮により、この都市はこれまで以上に洪水に弱くなっている。このため防潮堤は、将来の災害を防ぐための最良の手段と思われていた。
MOSE(Modulo Sperimentale Elettromeccanicoの頭文字をとったもので、「電気機械実験モジュール」を意味する)は、いま最も注目を浴びている世界最大級の土木工事のひとつだ。MOSEは干潟にある3つの入江の入口に張り渡された格納式の水門から構成されている。これらの門は操作できるようになっていて、満潮のときは一時的な防壁を築くことが可能だという。
MOSEの工事は2003年に始まったが、汚職事件や財政的な問題、構造上の問題によって引き起こされた無数の遅れのせいで、防潮堤はいまだに完成していない。しかし手間のかかる作業は終わっており、コントロールセンターの大部分のエンジニアは、もう間もなくシステムが完全に使用できるようになるだろうと確信していた。
だが、工事の最終段階が何カ月も停滞しているため、それが厳密にいつになるのかは誰にもわからない。年内遅くにはと主張する人たちがいる一方、また別の人々は2020年が現実的だろうと述べている。
具体的な日付がいつであるにせよ、MOSEがきちんと都市を守れるかどうかは依然として明らかになっていない。もし守れたとするなら、それはどれほどの期間守ってくれるのだろうか?
18世紀から続くシンプルなアイデア
MOSEは防潮ゲートの原理に基づいて動作する。穏やかな気候のとき、ゲートは水で満たされた状態で海底に位置している。だが満潮が迫っている場合、水は注入された圧縮空気によって押し出される。これによりゲートは浮上し、潮が干潟に入ることを防ぐ。高潮が静まるとゲートは再び水で満たされて、海底へ沈んでいく。
「このアイデアは非常に古いものです」と、マサチューセッツ工科大学の海洋物理学者パオラ・マラノッテ=リッツォーリは語る。彼はイタリア政府が解決策を考案するために協力を求めた専門家集団のひとりだった。「18世紀には、ヴェネツィアのエンジニアたちが海を食い止める機械装置の下図を描いていた証拠が残っています」
それにもかかわらず、このプロジェクトは開始当初から激しい批判にさらされてきた。環境保護団体は防潮堤の建造が海の生態系を修復不可能なまでに危険にさらすと主張した。一方で、一部の政治家はこの計画には未知のことがあまりにも多く、またより安価な解決策が必要だとして反対している。
しかし、海面が上昇した場合、それを食い止める防潮堤を築くこと以外に選択肢は多く存在しないことに、多くの専門家が同意しているのも事実だ。特にヴェネツィアのように、ほかに類のない都市ならなおさらである。
「MOSEのコンセプト自体はいいものです」とマイアミ大学で海洋科学を教えている環境工学者イェルク・インベルガーは語った。「しかしそのことはすべて、“守る”ということが何を意味するかによって変わります」
気候変動による海面上昇
インベルガーは、すべてが計画通りに進んだ場合、MOSEは今後30年ほどは1966年の壊滅的な洪水のようなものからヴェネツィアを守れるだろうと述べている。「しかしゲートは潮が110cm(約43インチ)に達したときにだけ上昇するため、潮が80cm(約32インチ)を超えただけで浸水するサンマルコ広場のような低い土地で起きている洪水を防ぐことができません」とインベルガーは指摘する。
「この問題は、より低い潮で防潮堤を上昇させることで改善される可能性があるかもしれません。しかし、それは干潟の環境にそれなりの悪影響を及ぼすでしょう」
長い目で見れば、先行きはより見えなくなってくる。この世界のほかの多くの物ごとと同様、MOSEの有効性は今後数十年でどれだけの二酸化炭素が大気中に排出されるかにかかっている。したがって、50年という防潮堤の耐用年数の間に海面がどれだけの速度で上昇するかによって、その有効性は変わるということだ。
2011年のUNESCOの報告に従って、2100年に16cm(約6インチ)、22cm(約9インチ)、31.4cm(約1フィート)という3つの海面上昇のシナリオが計画段階の間に検討された。立案者たちは「慎重」と評されていた2番目のシナリオを用いることを提案した。しかし今日では、3番目のシナリオでさえ楽観的すぎるように思える。
気候変動により、地中海は2100年までに最大で5フィート(約150cm)上昇すると見積もられている。つまり、水位は110cmという危機的なレヴェルに達する可能性があるのだ。このためヴェネツィアは1日2回、満潮時に洪水に襲われることになるだろう。
マラノッテ=リッツォーリは、MOSEが約2フィート(約60cm)の海面上昇を処理するよう設計されたとの主張を続けている。防潮堤の建造を委託された組織である新ヴェネツィア事業体も同じことを主張しているが、これが公式のプロジェクトの目標であるという証拠は見つけられなかった。
防潮堤だけでは都市を守れない
海面上昇にどこまで対応できるかが極めて重大となるのは、それによってより大規模な高潮が起きる可能性が高まるだけではない。そのことが防潮堤をより頻繁に稼働させる必要を生じさせ、すでに構造的問題を有している建造物をより消耗させてしまうからだ。
イタリア国立研究評議会の海洋科学研究所の海洋学者ゲオルグ・ウムギーサーによれば、50cm(約20インチ)の海面上昇では防潮堤が1日に1回閉ざされることになる。だが、70cm(約28インチ)となるとゲートは開いているよりも閉ざされていることのほうが多くなるという。
「より頻繁に閉鎖すると、さらなる維持費用がかかるだけではありません」とウムギーサーは語る。「深刻な洪水を防ぐために防潮堤への依存度が増え続けることにもなるのです。1度の故障が壊滅的な被害をもたらす可能性もあります」
長年にわたって防潮堤に代わる選択肢が提案されてきた。ある案は可動式のゲートのシステムに微修正を加えることを提案し、またほかの案は異なる技術を必要とした。また別の案は洪水により耐えやすくすることだけを目的としていた。これまでのところ、幅広い支持を得たものはない。
いずれにせよ、世界中のその他多くの沿岸の都市と同様、ヴェネツィアが防潮堤だけで救われることはないようだ。
「1966年の洪水以来、110cmを超える高潮の頻度は10年ごとに倍増してきています」と、ヴェネツィアレジリエンス研究所の所長ジョバンニ・チェッコーニは言う。「この傾向は二酸化炭素の排出量が制限されたとしても、当分止まりません」
「MOSEが魔法の杖でないことは確かです」と、チェッコーニは続けて言う。「MOSEはむしろ、わたしたちが危機に対処するための新たな手段を見つけ出し、実施するだけの時間を与えてくれるようなものだと考えたほうがいいでしょう」