ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり) - 産経ニュース

ポルシェ“本気”のレースカー、35年ぶりドイツのコースの記録更新(動画あり)

 ポルシェのレースマシン「919 Hybrid Evo」が、ドイツのニュルブルクリンクのコースで35年ぶりとなる記録更新を打ち立てた。ル・マンを闘ったレースカーを「本気」でポルシェが改造したマシンは、いかに快挙を成し遂げたのか。走行中の勇姿を、写真と動画でご覧いれよう。
PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
これはもう神がかりとしか言いようがない。ロマン・デュマが山岳自動車レースの「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で新記録を出した5日後に、今度はデュマの元チームメイトのティモ・ベルンハルトが、ニュルブルクリンクのコースで35年ぶりとなる記録更新を打ち立てたのだ。
ベルンハルトが運転するポルシェのレースマシン「919 Hybrid Evo」は、全長12.9マイル(20.832km)のノルトシュライフェ(北コース)で行われたタイムトライアルで、5分19秒55のコースレコードを6月29日に樹立した。これまでの記録は、いまは亡きシュテファン・ベロフが1983年5月28日に叩き出した6分11秒13で、これが破られることはないだろうと言われていたのだ。
ニュルブリクリンクは1927年の開設以来、ドイツグランプリのコースとして使われていた。しかし、マシンの高速化に伴いこのコースはF1には危険すぎるとみなされ、グランプリの開催地はホッケンハイムに移った。
PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
ベロフは当時行われていたスポーツカー世界選手権(SWC)の予選において、ポルシェ「956」でこの偉大な記録を打ち立てている。なお、ベロフのマシンは車載カメラを搭載していなかったが、チームメイトのデレック・ベルが乗っていた956には車載カメラがあり、この映像はいまでも入手可能だ(同じマシンなので速さはそれほどは変わらないだろう)。
F1に関して言えば、ニュルブルクリンクには1984年にGPコースが新設され、いまではホッケンハイムと隔年で、こちらのコースでドイツグランプリが行われている。つまり、ベロフの記録はノルトシュライフェでのスピード競争の最後を飾るものだった。しかし、それもEvoによる記録更新までの話だ。
■限界に挑むためのテクノロジー
ポルシェは「919 Hybrid」で2015年から3年連続でル・マンを制覇したが(総合優勝の回数は18回となった)、電気自動車(EV)のレースであるフォーミュラEに参戦するために、17年を最後にル・マンを含む世界耐久選手権(WEC)から撤退している。
しかし、919 Hybridは博物館に飾っておくにはもったいないクルマだった。ポルシェはそこで、このレーシングカーをベースに速さの限界に挑むことにした。
PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
エンジンをコントロールするソフトウェアを刷新し、2リッターV型4気筒ターボエンジンはガソリンの流量制限を外すことで最高出力を500馬力から720馬力に引き上げた。コーナーでのダウンフォースを強め、直線ではよりスピードが出るように、車体前後の形状に空気力学的な調整を加えた。さらにサスペンションを強くすることで、衝撃への耐性も上がっている。
タイヤの空転を防ぐトラクションコントロールシステム(TCS)やブレーキシステムにも改良が施された。余分なパーツなどを取り除くことで車体重量を86ポンド(36kg)減らし、タイヤはミシュランが特別にデザインしたものに変えている。
すべては伝説のレーシングカーの「引退ツアー」のためだ。Evoは1年をかけて世界各地の有名コースでコースレコードに挑む予定で、4月にはベルギーのスパ・フランコルシャンで、ニール・ジャニが1分41秒77を叩き出している。これは919 Hybridのベストタイムより12秒も早いだけでなく、ルイス・ハミルトンが2017年に「メルセデスW08」で記録した1分42秒553をわずかに上回った。
■信じられないような光景
こうしたなか、ファンが待ち望んでいたのがノルトシュライフェでの走りだ。5月に開催されたニュルブルクリンク24時間レースの関連イヴェントの一環で、Evoは956を伴ってノルトシュライフェでデモランを行なった。しかし、大きなレースのある週末はタイムトライアルには騒がしすぎる。ポルシェは代わりに、Evoがコースを独占できる6月の最終週を選んだ。
PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
車載カメラの映像は信じられないような光景を捉えている。メインストレートでの最高時速367kmと、ベルンハルトの完璧なコーナーさばきとで、どちらにより感銘を受けるべきなのか正直わからない。
とにかく、Evoは5分19秒55でノルトシュライフェを走り切った。ベロフがSWC予選で達成したコースレコードを1分近く上回ったほか、本戦での最速ラップと比べると1分以上早い。
ニュルブルクリンク24時間レースで5回の優勝経験があるベルンハルトは、「わたしとチームの両方にとって素晴らしい瞬間でした。919は最高のレーシングカーです」と話す。「2台のEvoは完璧に準備が整っていて、わたし自身もベストの走りができたと思います。ダウンフォースが強くなったおかげで、自分の経験からここでは無理だろうと思っていた場所でもフルスロットルを保つことができました。ニュルブルクリンクのことはよく知っているつもりでしたが、きょうは新しい発見がありました」
PHOTOGRAPH COURTESY OF PORSCHE
Evoは7月12日~15日にイギリスのグッドウッドで開催されたフェスティバル・オブ・スピードでもその走りを披露した。次は9月2日にイギリスのブランズハッチ・サーキットで行われる「フェスティヴァル・オブ・ポルシェ」に雄姿を見せる予定で、その後は、9月27日~30日にカリフォルニアのラグナ・セカで行われる恒例のレンシュポルト・リユニオンだ。Evoはなんと、このコースで1分切りを狙うという。