サッカーW杯で賛否両論 「VAR」によるビデオ判定導入の舞台裏

 

 サッカーの「ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」制度が、ワールドカップ(W杯)として初めてロシア大会で完全導入された。VARは正確な判定に役立つとして肯定的に受け止められているものの、試合の中断などで批判の対象にもなっている。いったいどのような経緯で、どんな実績をもって導入が決まったのか。その舞台裏を探った。

ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のオペレーションルームはモスクワにある。PHOTOGRAPH COURTESY OF FIFA

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で話題を集めているのが、「ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」制度の導入だ。初めて実際に使われたのは、6月15日に行われたグループBのスペインーポルトガル戦だった。前半24分にスペインのジエゴ・コスタがポルトガルのぺぺと接触し、ぺぺは地面に倒れたがコスタはそのままゴールを決めた。

試合は1ー1の同点になったが、主審のジャンルカ・ロッキはヘッドセットでVARに連絡を取った。試合会場のソチから1,620km離れたモスクワでは、ヴィデオルームにいる補助審判が映像を見てファウルがなかったことを確認する。そしてコスタのゴールが確定した。

しかし、ポルトガル代表チームの監督フェルナンド・サントスは試合後に「明らかにファウルだった」と語気を強めた。コスタ本人ですら、「あとから映像を見たけれど、ファウルを取られても文句は言えなかったと思う。審判の解釈次第だろうね」と認めている。

コスタはVARについて「正直、気に入らない」と言う。「ゴールは決めたけど、複雑な気分になる。微妙なプレイがあると手放しで喜ぶ気にはなれないし、バカみたいに見えることもあるので」と語った。

FIFA会長の交代が転機に

VARはもともと、「Refereeing 2.0」と呼ばれるオランダサッカー協会(KNVB)の野心的なプロジェクトの一部として始まった。目的は審判システムの改革だ。

国際サッカー評議会(IFAB)事務局長のルーカス・ブラッドは、「最近のスタジアムはどこでもWi-Fiや4Gが使えます。テクノロジーの力を使って何が起きているかを知ることができないのは審判だけですが、審判こそがそれを最も必要としているのです」と話す。「明らかな誤審を防ぐために、何らかの措置を講じなければならないと、ずっと考えていました」

Refereeing 2.0から生まれたもうひとつの成功例が、「ゴールラインテクノロジー(GLT)」だ。KNVBが実施した2年間の試験運用を経て、2012年からは国際サッカー連盟(FIFA)の公式戦でも導入された。採用されたのはイギリスのHawk-Eye Innovationsという企業が開発した技術で、テニスの試合のライン判定システムにも使われている。

ブラッドは「サッカーはテクノロジーの導入という意味ではいつも非常に保守的でした。ここに来て重いドアを開けようとしています。そして一度改革に着手すれば、もう後戻りはできません」と言う。

IFABはサッカーのルールを決める機関だ。KNVBは14年から、IFABにヴィデオ判定を採用するよう非公式に働きかけていたが、FIFA前会長のゼップ・ブラッターがこのシステムに否定的だったため、議論が前進することはなかった。しかし、ブラッターが汚職を理由に実質的に解任され、15年10月にジャンニ・インファンティーノが後任に選ばれると、スイスのFIFA本部でVARの採用を検討するための予備会議が開かれることになった。

FIFAのメンバーの大半は過去に何回も誤審と見られる判定があった事実を認めており、VARは概して肯定的に受け止められていた。例えば、10年のW杯欧州予選のプレーオフでは、フランス代表ティエリ・アンリのハンドがあった。

決勝トーナメントでは、イングランド代表フランク・ランパードのシュートがゴールラインを越えていたにも関わらず、得点が認められない事態が起きている。誤審がこれだけ続くようなら新しいシステムの導入は当然の流れだと、誰もが考えていたのだ。

ブラッドは「こうした問題は審判補助システムを使っていれば簡単に防ぐことができたはずです」と指摘する。「もし2010年の段階でVARの導入を検討すると言ったら大きな反対にあっていたと思います。しかし、いまではヴィデオ判定は審判がより正確な判断を下すのに役立つという見方のほうが一般的です」

メキシコースウェーデン戦でのVARによる判定の様子。PHOTO: MATTHIAS HANGST/GETTY IMAGES

この時点では、VARはオランダのプロリーグ「エールデヴィジ」の模擬試合で何回か試されただけで、国際大会などの大きな試合での導入実績はなかった。IFABは16年3月に開いた年次総会で、2年間にわたる試験運用を行うことを決め、直後に行われたイタリアとドイツの国際親善試合で初めてヴィデオ判定がテストされた。

その結果は「大成功でしたよ、何も起こりませんでしたからね」と、ブラッドは笑う。「すべての試合で使う必要はないだろうとは考えていましたが、まさにそれが証明されたわけです」

当初は試合のほとんどの場面でVARを活用することも検討されていたが、すぐにそれは現実的ではないことがわかった。このため「最小限の介入で最大限の効果」を引き出すよう方針転換がなされた。

ヴィデオ判定を利用できるのは、試合の行方を左右するような状況での「明らかな誤審」に限られる。そして、VARに頼ることができるのは、(1)ゴールやゴール直前のプレイ、(2)ペナルティーキック(PK)、(3)レッドカード、(4)審判による選手誤認の4つの判定だけだ。

ブラッドはこう続ける。「試合の流れは速くなっており、審判がフィールドで起きていることをすべて把握し、常に正しい判定を下すのは困難です。ただ、あらゆる判定を完璧にしようとしているわけではありません。ここに誤解があると思うのですが、わたしたちはいつまでも語られるような大きな誤審をなくす努力を始めただけです。いちいち試合の流れを止めて、すべてのプレーを確認するようなことをやろうとしているわけではないのです」

試合での判定制度は向上

昨シーズン中には、ブンデスリーガやセリエA、リーガNOS(プリメイラ・リーガ)など、各国のプロリーグでVARが試験導入された。イングランドではEFLカップ(リーグカップ)とFAカップの一部試合でテストが行われ大きな注目を集めたが、どの場合もメディアでの報道はVARの本質とは関係のないことばかりだった。

例えば、メルボルン・ヴィクトリーとニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツの戦いとなったオーストラリアのAリーグの決勝戦では、オフサイドからのシュートが決まった場面で審判がヴィデオ判定を使おうとした。しかし、直前にカメラに不具合が生じたために、VARチームが映像を確認することができなかった。また、ポルトガルで行われたある試合では、旗が邪魔になってカメラが問題のシーンを捉えていなかった事例が報じられている。

一方、ドイツのDFBポカールの決勝戦では、終了直前の93分にアイントラハト・フランクフルトのケヴィン=プリンス・ボアテングがハビ・マルティネスの足を蹴るプレーがあった。観客は当然、PKが与えられると思ったが、主審はVARに確認してから、コーナーキックからのゲーム再開という判定を下している。

ブラッドはこれについて、「実際に何があったのかはわかりません」と言う。「こういった場面ではたいてい、審判の判定が実際に正しいのです。しかし、ルールの理解や解釈は人によって違います。ですから観客は審判とは違う意見をもつかもしれません。また、審判は原則的に中立ですが、どちらか片方のチームを応援しているファンが状況を冷静な目で見るのは難しいでしょう」

ベルギーのルーヴェン・カトリック大学の調査によれば、機械判定の導入はうまく機能しているようだ。スポーツ科学の研究者たちが20カ国超で行われた800以上の試合を調べたところ、VAR判定の対象となる4つの場面で、判定精度は93パーセントから99パーセント以上に向上している。

また、VAR判定の57パーセントはPKかゴール絡みだった。ヴィデオ判定が使われた回数は平均で1試合当たり5回以下で、試合がストップした時間は合計でも90秒以下だったという。

韓国ースウェーデン戦で、スウェーデンにPKを与える前にヴィデオ判定の映像を確認する主審のホエル・アギラール。PHOTO: ADAM PRETTY-FIFA/GETTY IMAGES

W杯でVARが完全導入されるのはロシア大会が初めてだ。フィールド上の4人の審判とVARのオペレーションルームはヘッドセットを通して常に連携しており、難しい場面ではフィールドがVAR判定のリクエストを出すか、オペレーション側から連絡を入れることもできる。

一方で、誤審があるとオペレーションルームが主審にコンタクトを取る。この場合、主審はVARの意見を受け入れるか、フィールドに用意されたモニターで問題のプレーを確認する。

オペレーションルームはモスクワにあり、VAR1人とアシスタント3人の計4人でひとつの試合を見る。全員がFIFAの国際サッカー審判員の資格をもち、フィールドから送られてくる映像は10台のモニターで確認される。

各モニターはタッチスクリーン機能を備え、ズームインや映像の角度の切り替えも可能だ。また、判定が不透明だとの批判を避けるために、スタジアムのメインスクリーンにはリプレイ映像やグラフィックによる注釈を加えた説明などが映し出される。

17試合が終わった時点で、VAR判定が使われたのは5回にとどまった。また、VARの介入によるPKが4本あったが、試合が頻繁に中断されるとの懸念は杞憂に終わっている。

もちろんVARに批判的な人は、ヴィデオ判定後も訂正されなかった誤審を指摘するだろう。冒頭で紹介したコスタとぺぺの事例のほかにも、イングランドーチュニジア戦ではイングランドのハリー・ケインがチュニジアのディフェンダーに邪魔されて動けなくなった場面でVAR判定が2回使われたが、いずれもPKは与えられなかった。ケインは試合後、「VARはまさにああいう状況のためのもの。本当に動けなかったことが何回かあったので」と話している。

しかし、こうした批判は事を単純化しすぎている。そもそも、VARがなければ審判の判定を確かめることすらできなかったのだ。ヴィデオ判定を導入することで誤審を完全になくすことはできないにしても、一部は正されるようになる。ペルーデンマーク戦で前半44分にクリスティアン・クエバがエリア内で倒されたとき、審判は試合を止めなかったが、結局はVAR判定でペルーにPKが与えられた。

ブラッドは「人は問題があると思ったときしか騒ぎません」と指摘する。「ハッピーなら何も言わないで終わりです。だからこそ、VARをめぐる批判はなくならないでしょう。VARを使った審判システムはたいていはうまく機能しています。その間は誰も文句は言いませんが、たまに何か問題が起こると、すぐに議論が始まるのです」

ひとつだけ確かなことがある。いずれにしても、サッカーは根本的に「変わった」のだ。