高い場所にいる人ほど、リスクが高い決断を下す 「高さ」と「リスクをとること」の関係性

 

 建物の上層階にいる人ほど、リスクの高い決断を下す傾向が強い--。そんな研究結果が、米国の研究チームによって明らかになった。「高さ」と「リスクをとること」の関係性を、研究チームはいかに解き明かしていったのか。

PHOTO: GETTY IMAGES

高層階にいる人ほど、よりリスクが高い決断をする傾向がある--。そんな研究結果を、マイアミ大学の研究チームが発表した。研究によると、人は自分がいる場所の高さによって、選択の内容が左右されるのだという。

研究者チームは実験で、建物の上層階にいる人ほど経済的なリスクをとる傾向があることを指摘している。「上層階にいる人ほど、意識のなかで“権力”をもっている感覚が強くなる傾向があります」と、論文の著者であるシナ・エステキーは説明する。「この感覚をもつことで、より高いリスクを求める行動をとりがちになります」

高さが決断にも影響

まず研究チームは、資産規模が5,000億ドルを超える3,000以上の投資ファンドのデータを分析した。ファンドのヴォラティリティ(変動性)のレヴェルを、1階から96階までにわたっていた事務所の階と関連づけたのだ。そこから判明したのは、階の高さとファンドのヴォラティリティの間に、わずかながら重要な相関関係があることだった。

さらに研究チームは、被験者が非常に高い建物のガラス張りのエレヴェイターで上り下りする間に、ある決断をするよう求める実験を行った。その結果、72階まで上った参加者たちは、よりリスクの高い決断を下す確率がより高かった。一方、下りていった人々は、より控えめな“勝利”をもたらすような決断をした。

別の実験では、ある大学の建物の1階または4階にいた参加者たちに、さまざまなレヴェルのリスクと利益のある「10の決断」を求めた。その結果わかったのは、4階にいた人は1階の人と比べて、リスクのある選択をすることが多いという事実だった。

さらに、この興味深い行動の理由をよりよく理解するために、不完全な文章の穴埋めをする実験を行った。その結果、4階にいた人は1階の被験者と比べて、権力と結びついた文章をつくり出す可能性が高かった。

脳による「修正」の能力

これによって、「高さ」と「リスクをとること」の関係性を説明できるかもしれない。研究者たちによると、オフィスの建物の高さが、ヘッジファンドの経営者たちがビットコインのようなリスクの高い投資対象に資金を投じる傾向がある理由のひとつかもしれないという。

ちなみに、高さが意識と行動に影響する可能性があることが参加者たちに知らされると、こうした傾向は現れなかった。「高さの潜在的な影響を人が認識すると、この奇妙な現象は起きないようです」とエステキーは説明する。

「脳は外的な要因に非常に左右されやすいものですが、逆にその影響を修正することにも長けています。つまり、状況を冷静に自覚することで、重要な意思決定を行う際に理性的になれると言っていいでしょう」