「最高の自撮り」を科学的に検証したら、5つのワザが明らかに:研究結果

 

 スマートフォンで自撮りをするような距離だと、実は顔が歪んで写ってしまう。それでは、顔をうまく自撮りするには、どうすればいいのか--。専門家らが科学的に検証してみたところ、「最高の自撮り」に欠かせない5つのワザが明らかになった。

PHOTO: GETTY IMAGES

2013年頃、ボリス・パスコーヴァーをはじめとする形成外科医たちは、クリニックでの奇妙な傾向に気づき始めた。鼻の美容整形手術を求める若い患者が増えていたのだ。彼らは40歳未満で、なかには20歳の若者もいた。

ニューヨークにあるパスコーヴァーのクリニックでは、やってきた初診患者がスマートフォンを差し出し、自撮り写真の「鼻の見た目」について不満を述べる。それに対してパスコーヴァーは鏡を渡して、見るように指示する。そして、「これが実際の見た目ですよ」と言うのだ。

自撮り、それも特に顔の前で一定の角度で撮影された接写だと、鼻が歪む傾向がある。クルマのサイドミラーのような感じで、カメラの被写体が実際よりも大きく見える場合があるのだ。

この傾向に気づいているのはパスコーヴァーだけではない。米顔面形成外科学会(AAFPRS)のアンケート調査では、42パーセントの外科医が、特に自撮り写真がよく見えるように患者が期待しているのを確認している。

パスコーヴァーは、クリニックでそうした事例を目にし続けるうちに、接写で自撮りをするとどうなるのか興味をもつようになった。それに、患者に対してもっと科学的に説明する方法を見つけたかった。そこで、ラトガース大学およびスタンフォード大学の同僚とともに、顔からカメラまでの距離によって、見た目の鼻の大きさがどう変化するのかを示す、数学モデルをつくった。

自撮りの距離では顔が歪む

ベースになったのは、米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)の調査データだ。この調査では、ちゃんとフィットする呼吸用マスクの製造に役立つよう、過去30年にわたって米国人の頭部を測定している。パスコーヴァーらはそのデータを利用して、頭部の幅と鼻の隆起が平均的な男女の頭部モデルを作り、両耳間の顔の幅(頬弓幅)に対して鼻の幅がどう見えるか、カメラまでの距離をいろいろ変えて測定した。

測定の結果、自撮りの場合とほぼ同じ12インチ(30.5cm)の距離では、レンズが顔を歪め、鼻(または、カメラの最も近くにあるものすべて)が30パーセント大きく見えた。一方、顔写真を撮る際に一般的な約5フィート(約1.5m)の距離では、顔が歪まない。パスコーヴァーらは3月、この研究結果を医学雑誌『JAMA Plastic Surgery』で報告した

「自撮りによって、自分自身に対する見方が変わっていたのです。これまでよりも顔に接近して、ごく批判的な目で見る習慣が生まれつつあります」とパスコーヴァーは述べる。

自撮りの経験がある者なら誰でもよく知っているように、ベストな写真うつりはアングルが決め手だ。だが最近までは、うまく自撮りできる方法を会得する方法は、大量に写真を撮る以外になかった。

人気の裏ワザもあるが、裏づけとなる科学的証拠はほとんどない。だが、パスコーヴァーの研究を含むいくつかの新たな研究によって、自分の顔をいちばんよく引き立てる方法について、確かな知識が集まりつつある。

ワザ1:顎を写す

一般に、スマートフォンのカメラの最も近くにある顔の造作は、何であれ誇張される。腕のいいプロのカメラマンなら誰でも知っているように、広角レンズやズームレンズを使って被写体の近くに立つと、レンズの歪みが生じるのだ(魚眼レンズや、ドアの覗き穴で起きる妙な光学現象を思い出してほしい)。そしてその歪み方は、焦点距離と被写体までの距離の関係で決まる。

顔から突き出ている鼻に焦点を当てて、真正面から自撮りするのではなく、カメラから約10~15度の角度で、頭を横にずらそう。下顎の輪郭をはっきりさせたければ、顎を少し上げて、鼻の前に来るようにするのがいい、とパスコーヴァーは語る。「そうすれば、下顎の輪郭がくっきりと力強いものになります」

ワザ2:体を前傾させる

身を乗り出して、高い頬骨と大きな目を強調してもいい。鼻と耳が同じ平行面にあるようにすれば、焦点として鼻と耳が目立たなくなり、頬がカメラに最も近くなる。

「The Verge」のテクノロジー担当記者、アシュリー・カーマンの助言によれば、首を細長く見せたい場合は、両肩を下げ、頭が首からなるべく離れるように背筋を伸ばして、焦点距離の歪みを強調すればいい。カーマンが共同で司会を務めるテクノロジー関係のポッドキャストは、ごく最近のエピソードで自撮りを取り上げている。「顔の素晴らしいアングルを強調するために、頭を傾けるか、片手を頭の下に置いて、顔を囲むといいでしょう」

ワザ3:左側をレンズに向ける

いちばんよい顔立ちを見せたければ、左頬を突き出すことを検討しよう。歴史を振り返ると、古典絵画から最近の写真まで、ポートレート用にポーズをとる人々は、「ベストアングル」として左側を前に出す傾向がある。自撮りも同じなのだと、オーストラリアにあるラ・トローブ大学の心理学者、アヌカー・リンデルは言う。

リンデルはInstagramユーザー200人を対象に、いちばん最近撮影した自撮り写真10枚を調べ、写真で左側をレンズに向けるのが好まれていることを発見した。だが、見る側も同じように感じているのだろうか? リンデルは現在、左右どちらかの頬のほうが「いいね!」やコメントの数が多いのかを調査中だ。「人々には『ベストアングル』があります…というか、少なくとも本人はあると思っています。ただし、見る側の肯定的意見によってそれが強化されているのかどうかは、まだ不明です」

ワザ4:カメラを見上げる(ほとんどの場合は)

研究者やプロのカメラマンは、カメラの位置を目の高さよりも上にすることも勧めている。カメラが近くにある場合はなおさらだ。だが、「MySpaceアングル」と呼ばれる、MySpaceで一時流行した非常に高い角度からの撮影は、やりすぎである。

「低い視点から撮影するのとは逆に、常に見映えがします」と語るのは、サンフランシスコを拠点に、芸術的なウェディング写真を撮影・編集するプロのカメラマン、ラリッサ・クリーヴランドだ。2017年にドイツで行われた研究も、これを裏付けている。

研究者が調査参加者172人に対し、さまざまな角度で撮影された3Dの顔写真14枚を見て、魅力や頼もしさ、思いやり、優性、知性をどの程度感じるか評価するよう求めたところ、次のことがわかった。上から30度以下の角度で撮影すれば、魅力が大幅に増し、下から撮影すると体重が重く見えるのだ。

ワザ5:目的を考える

研究者はこの1年間で、自撮りの姿勢がプラットフォームによっても異なることに気づいた。歪みに関する一般原則に変わりはないが、アングルの背景にある心理は異なる可能性があるのだ。

例えば、出会い系アプリ「Tinder」では、男性は背が高くて力強く見えるようにカメラを下方向から傾ける。逆に女性は、カメラを上から掲げ、背が低くて従順に見えるようにする傾向がある。

「出会い系アプリでは、目にする相手の最初の写真が自撮りであることが多いのです。特にTinderユーザーは、外見と、相手を惹きつけることをかなり重視しています」と語るのは、Tinder上の写真の撮影角度に関する研究を2017年4月に『Frontiers of Psychology』誌に発表したサスカチュワン大学の心理学者ジェニファー・ロカヤ・セッジウィックだ。

「男女は異なるカメラアングルで自分を表現していますが、それが見る側にとって最も魅力的な角度であるかどうかはわかっていません。そうしたアプリで人々が他者をどう受け止めているのか、さらに調べているところです」